ないものねだりの貧乏スパイラル2010年04月21日 13時07分44秒

貧困に関する話で、昨年たまたま見た二つのテレビの映像が私の印象に残っている。

最初の映像は、ドイツの旧東ドイツ地区に住んでいる男性の話で、彼は8年間失業しているという。でも彼は、失業しているとはいえ、ホームレスではなく、ちゃんとしたアパートに住み、無料の食料支援も受け、見たところ健康である。私はそれを見て、8年も(!)失業していられる生活、さすが高福祉国のドイツだと思ったものである。

ところが、そんな恵まれた生活をしているその男性は、「今のドイツが嫌いだ。昔の東ドイツ時代のほうがずっとよかった」と不満たらたらなのである。

それからもう一つの映像は、生活保護を受けている日本の母子家庭の話で、ひと月15万円の生活保護で母親と幼い子供(4、5歳くらいの感じの子供)で暮らしている。母親は、自分は一日に一食しか食べず、お風呂は週に1回しか入らず、子供には飲み物も与えてあげられず、しかも自分は病気がちで通院して、働くこともできないとカメラの前で自分たちの貧しさを強調する。実際その母親はがりがりにやせていて、子供はスープとか飲み物もなく、哀しそうな顔でパンをかじっている、そんな風景であった。

この映像で、私が何より、まず不思議に思ったことは、「子供には飲み物も与えてあげられない」のところで、このお母さんは、今の時代、飲み物がどれだけ安いのか知らないのだろうか、ということだった。料理が嫌いでも、安くて簡単な飲み物(インスタント味噌汁とかインスタント・スープ、インスタント・コーヒーや紅茶、牛乳等)や安く作れる飲み物はたくさんある――私も一杯約10円のインスタント味噌汁や5円で1リットル作れるウーロン茶を愛飲している。

ひょっとしたら、テレビ局の意図で、過剰に貧しさを演出したのかもしれないが、もしその意図が、「貧しさへの同情を集めること」であるとすれば、あまり感心したことではない。

なぜなら、ある人やある状況に「かわいそう」とか「同情すべきもの」というハンコを大勢の人たちが押してしまったなら、その人は、その状況から抜け出すことがますます難しくなるからである。

これは自分の状況に対しても同じことがいえ、自分が置かれた状況や自分自身に、「かわいそう」とか、「同情すべきもの」というハンコを押せば、やはり、そこから抜け出すのが難しくなる。(抜け出したくない人は、積極的にハンコを押すといいかもしれないけど)

こう書くと意外に思う人がいるかもしれないが、もし長期的貧困に精神的原因があるとすれば、それは「プライド」である――なんで『私』がこんな程度の境遇(収入)でなければいけないのかとか、『私』はもっと世間から優遇されて(愛されて)しかるべきだ、というような「プライド」。

そういったプライドが、今与えられているもの(たとえば、失業手当とか生活保護費とか)のよさを、認識するのを邪魔するのである。

ないものを欲しがり、あるものを無視――こういうことが積み重なって、抜け出すのが困難な貧しさへ転落していく人たちが、たくさんいるのである。

個人だけでなく、町とか村とかの地域振興にも似たところがある。

今年のお正月に読んだどこかの新聞の記事で、九州地方のある島の地域振興プロジェクトの話が出ていて、その島では、島に今すでにある独特の産物や特徴をアピールすることで、たくさんの観光客が来るようになった、というような話だったと記憶している。

その関係者の一人が、「今までの地域振興は、自分の村や町に橋がないから、道路がないから、作ってくれ、というような『ないものねだり』みたいなものばかりで、それが財政を圧迫し、かえって地域経済を貧困にしてきた」という主旨のことを語っていた――「ないものねだりの貧乏スパイラル」で、一番有名になった町が財政破綻した夕張市だ。そんな例があるというのに、最近も関東のどこかの県に、この航空不況の時代でたいした需要もないのに、最初から赤字覚悟で空港ができたというから、驚きである。

今の時代、失業やリストラや病気やその他で、誰でも一時的には、失業したり、貧しくなったりする可能性があり、誰一人その例外ではないし、今日お金持ちで羽振りがよくても、明日は運命がどう変わるかは誰にも予想はできない。一時的に貧乏になったり、失業したりしたら、自分や他の人に何と言ってあげるか………ちょっと考えてみた。

「お金はなくても、呼吸はしているじゃない?」――お金より、呼吸しているほうがずっと大事。

「お金はなくても、本質が失われたわけじゃない――スピリチュアルな究極の事実

「倹約力があがる機会だね――お金を使わず、どうやって生活するか、考えるのはけっこう楽しい。

「働かないって、ワクワクしない?――というタイトルの本があります。

「働かないって、貴族じゃない――シンプル堂の座右の言葉。

貧乏を嫌えば嫌うほど、貧乏はますます近寄ってくる――先日どこかのサイトでたまたま見かけた言葉である。

参考図書

「金欠力」吉野信吾著 祥伝社

お金がない時期を、どう人に嫌われず、快適にすごすか指南した本。



コメント

_ 中 ― 2010年04月23日 02時32分14秒

ほとんどコメントしませんが、いつも読んでます。不思議と、日々僕が感じる疑問にこのブログが、答えてくれてます。

_ るな ― 2010年04月24日 22時16分41秒

「プライド」というキーワードで、あまり自分のことを見つめたことはありませんでしたが、あらためて見直してみると、すごくプライドだらけだったと気が付きました。

どうもありがとうございました♪

_ マサカズ ― 2010年04月28日 21時04分17秒

「お金はなくても、呼吸はしているじゃない?」-お金以外の問題もすべて解決できます。
「働かないって、ワクワクしない?」-ドキドキはします。
「働かないって、貴族じゃない?」-そう思える余裕が貴族です。

こんな人はお金がないのも時間の問題でしばらくして
お金のほうから寄ってくるんじゃないですか。
貧困というキーワードはクリアしてる気がします。

以前に見たテレビ番組で
ヨーロッパのとある田舎で夜中に
嵐(竜巻?)に襲われ家が崩壊してゆく様をビデオカメラに収めた
映像が取り上げられてました。
ビデオを撮っているのは家の持ち主ですが
その自然の力に驚き感動して興奮していました。
「すごい!すごい!」という感じで・・・
子供たちもいましたが父親が楽しんでるせいか
恐れずに一緒に楽しんでいます。
とうとう家は崩れ去りました。
初めはこの父親は頭おかしいのか
子供たちを恐れさせないためにわざとやっているのか
といろいろ考えましたが
後ほどこの映像がこの国で話題になり
なぜか父親はこの国の女王に賞賛され
家を建て替えてもらってました。

普通なら一緒に家の前で泣き崩れるパターンですかね。

_ シンプル堂 ― 2010年05月01日 10時14分46秒

マサカズ様
面白いお話を紹介してくださり、ありがとうございます。
私も、小さいことでは、似たような経験をしたことがあります。

今スピリチュアル業界は、「引寄せの法則」全盛ですが、
次のトレンドは、間違いなく、「驚きと称賛の法則」(笑)だと、私は予想しています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック