人間は「貨幣」という考え方2013年02月05日 09時35分35秒

(2013年は最初何回か、経済から話題を拾っていく予定です)

先月の新聞に、今非常に先鋭的な活動をしている建築家、坂口恭平さんへのインタヴュー記事が掲載されていて、それを興味深く読んだ。(朝日新聞1月10日号記事――才能の交易こそ新しい経済 総理大臣としてゼロ円革命)

彼は、熊本に「新政府」を作って首相になり、そこに東日本大震災の被災者の人たちを無料で泊めたり、自分の携帯電話番号を公開し、「死にたくなったら『いのちの電話』へ」という活動をやったりしているそうである。

「無償の活動って、大変でしょう?」と言う人たちに対して、彼は、「これは金稼ぎだから、金がチャリチャリ自分のところに来ると思えば、うれしいし、無償の贈与って、豊さの象徴でしょう。だから、自分がやっていることは相互扶助とか社会貢献とか善意ではなく、ただ自分が楽しいからやっている創造行為です」という主旨の返答をしている。

彼の主張は、「人間は貨幣であり、次の経済は、人が円に代わり、人集めとお互いの才能の交易こそが、経済の主流になる」というものだ。

彼の主張、「人間は貨幣」は、突飛に聞こえるが、実はテレビ業界、広告業界では大昔から使われている考え方であり、現代ではネット広告・検索企業も大々的に使っている手法である。つまり、テレビ業界・広告業界、ネット広告・検索企業は、たくさんの人の気(エネルギー)を集めることで成り立っている商売である。「人間は貨幣」はまた、私が「楽しいお金」の中で述べた「お金の本質は人間のエネルギー」を、言い換えた表現でもある。

私たちがテレビを見ているとき、たとえ無料のテレビ番組でも、私たちはテレビという「集金機」を通じて、自分のエネルギーをテレビに出演している人たち、広告を出している企業、広告産業に差し上げている。テレビ業界の人たちが視聴率に一喜一憂するのは、たくさんの人が番組を見れば見るほど、人の気(エネルギー)が「集金機」を通じて集まる、つまり、金が儲かるからだ。(ついでに言えば、こういった無料のブログも同じことである――読んでいただいている皆さんには、「関心」というマネーを払っていただいて、感謝である)

だから、坂口さんの主張は昔から一部の業界で使われている考え方を、新たな発想で提出しているというわけである。どこが新しいかというと、今までの社会は、才能がたいしてない(と思っている)大多数の人たちが、才能のある(と思われている)ほんの一部の人たちを賞賛する(=「関心」という名のマネーを過剰に支払う)という一方的アイドル化が行われてきたが、これからの社会では、あらゆる人が自分のもっている才能をお互いに交易しましょう、というものである。彼の呼びかけは、「そこにいる死にたい気分のやつよ、死にたくなったら、まず俺のところへ電話して。そして少し元気になったら、お前も何かできることをやれよ。お前にだって、何か一つくらい好きなことややりたいことがあるだろう」という感じだ。

彼は自分の活動を「ゼロ円革命」と名づけ、日本銀行券という種類のお金に支配され、マインド・コントールされてきた今までの枠組みからの脱出を過激に呼びかける。しかし、坂口さんも別に日本銀行券を否定しているわけではなく、日本銀行券という目に見えるお金は、お金の形態のone of them でしかなく、その日本銀行券をたくさん集める(つまり、金儲けがうまい)のも才能の一つであるが、その才能もone of them でしかないということを言いたいわけである。one of themでしかないのに、お金を稼げるかどうかで、社会のヒエラルキー(階級)を作ることを否定しているのだ。

念のために言えば、私自身も日本銀行券は嫌いではないし、その魅力と魔力を十分に知っている――私は、買い物するとき、あんな20円の紙切れ一枚(一万円札の製造コストは20円くらいだそうである)で、山ほどの物が買えるのを見るとき、その日本銀行券を眺めて驚くことがある―いやいや、これはマジックだなと。

お金(貨幣)とは、元来は、人々が自分の労働で生み出したものを、お互いに交換するための媒体として創造されたものである。だから、本当は、お金よりも、人間の労働とその労働が生み出したもののほうが、お金(貨幣)よりはるかに価値があるのだ。それを忘れて、媒体のほうが、人間よりも偉くなり、人間はその奴隷のようになっていることが、現代世界がかかえるみじめさの一つである。

そのみじめさから抜け出せるかどうかが、坂口さんのいう「革命」でもあると思う。日本銀行券にひれ伏さず、同時に日本銀行券とは現実的につき合い、日本銀行券をたくさんもっている人は、楽しく自分と他人のために使い、日本銀行券をたくさんもっていない人でも、自分の才能・能力や労働を提供することができる。仮に無職で無一文だとしても、その人にはまだ一番貴重なもの、「意識」と「呼吸」が与えられている。彼の言う「革命」は、決してハードルは低くはないが、実行できないほど困難ではない。

[お知らせ]

*2013年3月23日(土曜日)「楽しいお金ワークショップ」(広島市)
詳細は下記へ
http://www.simple-dou.com/CCP037.html
 
*2013年3月24日(日曜日)「私とは本当に何かを見るワークショップ」(広島市)
詳細は下記へ
http://www.simple-dou.com/CCP038.html
 
*「1994年バーソロミュー・ワークショップ・試聴版MP3ファイル(東京会場)(京都会場)」が、下記のサイトより無料ダウンロードできます(1ファイル140MB録音時間約76分―ダウンロード時間はパソコンの性能にもよりますが、数分くらいです)

 





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック