鯖缶の思い出2019年01月17日 09時11分50秒

皆様、明けましておめでとうございます。今年も気楽に気ままに、ブログを書いていきたいと思います。
お時間があれば、お付き合いください。

年末年始においしいごちそうをたくさん食べて(食べ過ぎて)、幸せ太りの中で今年最初のブログを書き始めている。

ものすごく久しぶりに食べ物の話を書いてみようと思う。

最近、スーパーへ買い物へ行くと、鯖の水煮缶が時々売り切れている。一つのスーパーだけじゃなくて、どこのスーパーでも。鯖缶、そんなに人気なのかと思っていたら、ネットに「国内の鯖缶の売り上げがツナ缶を抜いて、缶詰部門の一位になった」という記事が出ていた。

「やったね、おめでとう!鯖缶」と、ちょっとうれしい気持ちがわき起こった。別にツナ缶が嫌いなわけではないし、ツナ缶だって鯖缶と同じくらい好物なのだけれど、ただ鯖缶には、特別な思い出と思い入れが私にはある。

子供の頃、私の家ではめったに肉を食べなかった、というより財政的理由で買うことができなかった。当時まだ肉は高価だったからだ。卵だって今より高級だったから、それほど頻繁に食卓には出てこなかった。そんな中で、卵、肉より私には鯖缶料理を食べた思い出のほうが強く残っている。

母が料理雑誌から見つけた鯖缶レシピをあれこれ作ってくれ、私たち子供たちは母の作る鯖缶料理が大好物だった。

そしてその中でも、みんなが一番好きだったのが「鯖缶ハンバーグ」というレシピで、鯖缶に野菜(タマネギ、ニンジン、ピーマンなど)のみじん切りをただ混ぜて、フライパンで焼くだけの簡単な料理だ。いつ食べてもおいしかったし、中学・高校のお弁当のおかずにもよく入っていた。

そんなわけで、高校を卒業するまで、私は、ハンバーグとは鯖缶で作るものだとずっと思いこんでいた。私の家は外食をしない家だったので、世の中のレストランでどんな食べ物が提供されているのか、今でいうグルメ情報を私はまったく知らなかった。

大学生になって、生まれて初めて肉のハンバーグを食べた日、「ええ?ハンバーグって本当は肉料理なんだ!」と知って、自分の無知を恥じた。自意識過剰の当時は、自分の無知が発覚するたびに劣等感で気分が落ち込んだものだ。

鯖缶ハンバーグ――今でもとても好きなのだが、自分一人のときはめったに作らなくなった。その理由は、野菜のみじん切りが面倒くさい(愚)。でも母の家にいるとき、たまに作り、先日も久しぶりに作った。今は(財政的に昔より豊かになったので)、鳥肉のひき肉も少し加えるアレンジもしている。母に「お母さん、昔、これよく作ってくれたよね」と言うと、母は、「そうだったかね。よく覚えていないけど」と言いながら、おいしそうに食べてくれる。

思い起こすに、大人になってから、体の不具合・不調は色々多々あったし、不摂生の時代もありながら、この年までなんとか大病せずにすんだのは、子供の頃の鯖缶レシピを含む母の手料理のおかげでもあったにちがいないと私は確信している。

食生活に関しては母は私のグル(先生)だ。母は今は自分ではほとんど食事は作らなくなったが、「主食・おかず・野菜・果物(それにお菓子)などをバランスよく食べる」という食生活を今も忠実に守っている。

母の言うことをほとんど何一つ聞いてこなかったので、せめて食事くらいは母の教えを実践しようとはずっと思ってきたが、なかなか理想どおりにはいかない。「毎食ちゃんと作る」はけっこうハードルが高い。めざすは「シンプルでおいしく、自分の体に合う」食事を試行錯誤する日々である。

ちなみに私が最近よく作る超シンプル鯖缶メニューは、キムチ・鯖缶鍋というもので、ただ土鍋にキムチと鯖缶と木綿豆腐(と醤油を少し)を放り込んで熱くなるまで待つだけのものだ(最後に、ネギとチーズもあればたいていは入れる)。「キムチ・鯖缶・木綿豆腐」が嫌いではない方には、とてもお薦めの冬メニューである。(レシピの詳細はネットにたくさん出ています)



[イベント]
2019年3月9日(土曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank064.html

2019年3月10日(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」」(大阪府茨木市)
2019年2月24(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」(東京)


[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 












コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック