「輪廻転生」再考(2)2020年10月12日 10時36分22秒

前回に引き続いて、「輪廻転生」の話である。

前回も紹介したが、私は以前から、

あなたが過去世でおこなった何かよいことのおかげだ」(「意識に先立って」)とか、「あなた方は何度も生まれ変わってようやく、自己問いかけができるようになります」という非二元系の賢者たちの発言を読むたびに、この場合の、「あなた(You)」って、正確には何を指しているのか、ということが気になっていた。

マハラジが言うように、論理的に考えてみても、そしてハーディングの実験でも確認できるように、「あなた(You)」の本質は変化しえない。そして、サットサンに参加している個々の肉体は前世の肉体ではありえないし、肉体は死ぬときに、毎回完全に消滅するというか、限りなく小さい要素に分解されて大地に帰る。

すると、本質と肉体の中間の何かが、「転生」しているということになるが、「意識に先立って」の中のマハラジの「もし死ぬときに意識が非常に力強い概念を楽しめば、意識はその特別な概念を創造することができる」という発言を参考にすれば、人が死際にいだく、強い概念(思考・感情)がまた新たなる肉体に転入するというか転生すると考えることができるだろう。

だから、長年霊的修行をしたあげく、「自分はどこにも行き着かなった」と思った人が死に際に、もし「次に生まれるとき、私は絶対に悟りたい」という強い思考・感情をいだけば、それが別の時代の別の肉体に憑依し、その人は「私は悟りたい」という思いに突き動かされて、あちこちへ霊的探求に出かけ、最後はマハラジのような賢者のところへ来て、「悟りなどというものはない」と聞かされて、驚愕することになる(笑)

私の感じでは、人の肉体が生まれるとき、すでに何かの強い概念に憑依されて生まれる、つまり、別の言葉で言えば、特定の人生を生きるようにプログラミングされているということだ。だから、人は子供時代から皆、一人ひとり全然違う個性と性格をもっている。非二元系のサットサンに参加しているような人たちは、霊的な探求をするように生まれたときからプログラミングされていて、そのプログラミングはそれより以前の過去からの影響によっている。

ただし、そういったことすべてが個人的なものではなく、非個人的な意識によるもので、だから、マハラジや他の賢者が「あなた方(You)」と話かけているものは、個々の肉体ではなく、「私は悟りたい」とか、「私は真理を知りたい」、「私は霊的修行をたくさんやった」といった思考に憑依されている集合的意識に対してなのだ、と私は思っている。実際マハラジはしばしば、「私は意識として、意識に話かけている」と言っていた。

だから、もしどうしても何かが「転生する」と考えるなら、それは観念・感情・思考(イメージ)が転生するというふうに考えるのが一番無理がない。あらゆる観念・思考・感情は、霊的なものも、世俗的なものも、復讐や罪悪感、劣等感・優越感なども含めて、すべての観念・感情・思考は、そういう観念が生まれた時以来、長きにわたって、人類という種の間でずっとリサイクルされている。

数千年間、科学文明は発達したにもかかわらず、地球上の人類の思考や感情はほとんど変化していないのは、同じ観念・思考が使いまわされているからだと、私は思っている。

前世とかそんなことをもち出さなくても、人の意識に憑依している強い思考や感情は、その現実を引き寄せるというか、創造する傾向は、自分の人生を長い期間観察すれば、誰でもある程度は納得するものだろう。

今、思い出せば、高校生2年と3年の二年間、私は毎朝目が覚めるたびに、目覚める瞬間、「このまま好きなだけ寝て、あとは一日中、誰にも邪魔されずに好きな本でも読んでいたいものだ」と、本当に本気で強く思ったものだ。その通りに、シンプル堂と呼ばれている物体の人生はおおむね昼寝と読書を中心に展開してきた。高校生の頃は、それを「人生の夢」だという自覚もなかったが、中年になってようやく、人生であれ以上に他に強く本気で望んだことはなかったことに気づいた。高校生の頃のあの想いが自分の人生の最大の夢だったとは、なんというロマンのない夢(笑)だったかと、思い出し、一人で大笑いした。

そして、ニサルガダッタ・マハラジの絶対の観点から言えば、私が今言及した、観念・感情・思考(イメージ)のリサイクル、そして、シンプル堂の高校時代の思い出、その他シンプル堂が記憶する全ストーリ―(自分の前世かも、と信じたイメージも含めて)、そして過去から現在、未来へと時間がずっと続いている感じそのものが、「意識の幻想」の領域に入るのだ。

しかし……言葉を使った瞬間、それが賢者であれ、普通の人であれ、私たちは時間と空間という意識の幻想領域に入って、そこでの幻想の役割をプログラミングにしたがって演じ、それに合わせた言葉を語るしかないわけである。

(幻想の)家族や知人と会ったとき、記憶がまだ作動して、その幻想領域の機能がちゃんと働いている(人の名前が出てくる、以前会ったときの記憶が出てくるなど)ことを確認して(笑)、ほっとする日々である。


輪廻転生について以前書いたブログ
「アジャシャンティ」(3)輪廻転生 2012年4月8日
新着お知らせ







[お知らせ]

「ニサルガダッタ・マハラジが指し示したもの」(ラメッシ・バルセカール著)が、発売になりました。本体価格:2,550円 (用語解説と訳者あとがきも含めた本文ページ数、378ページ)

目次は下記のサイトに掲載してあります。

http://www.simple-dou.com/CCP052.html

アマゾン社サイト
https://www.amazon.co.jp//dp/4864513317/

*「意識は語る――ラメッシ・バルセカールとの対話」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0832XZ3ZX

*「意識に先立って――ニサルガダッタ・マハラジとの対話」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B084KPV1XC

*「楽しいお金2」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B085VLSD2G/


*「楽しいお金3」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B088TDX4CL/


[電子書籍既刊]

ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』

ヨドバシ電子書籍ストア


トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』

「人をめぐる冒険」


[新刊発売]

「頭がない男-ダグラス・ハーディングの人生と哲学」
*定価:本体価格2,500円+税 *版型:B5版(フラカラー)183ページ*発行:ナチュラルスピリット 
*目次詳細 

*アマゾン社の広告
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512981

[シンプル堂電子書籍・音声ファイルの販売につきまして]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していましたDlmarket が
営業を終了し
ました当面、下記電子書籍、音声ファイルの販売はシンプル堂で行います。
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。


現在販売中の商品

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(本体価格 1500円)(453ページ)
  
試読版無料ダウンロード
 https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGHyMMb0_abLPm5o

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(本体価格 1500円) (367ページ)
試読版無料ダウンロード

「楽しいお金縦書き」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGME_pCKQUY5J-3j

「 楽しいお金3縦書き」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGQOyvyjpR4C9wkD

 「人をめぐる冒険 縦書き」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGXevb9snCq6Ds7L

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格  2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)
東京会場試聴版無料ダウンロード

京都会場試聴版無料ダウンロード























「輪廻転生」再考(3)2020年10月29日 11時38分02秒

*新着お知らせ
(横書き版PDFから1部と2部を収録)

(横書き版PDFから3部を収録)

 
★★「人をめぐる冒険」「楽しいお金3」プレゼント

2020年6月に引き続き、ご希望の方(前回申し込まれた方以外)に、「人をめぐる冒険」「楽しいお金3」(紙の本です─電子書籍版はアマゾンで購入できます)をプレゼントします。(送料も含めて無料です。締め切り2020年11月30日まで。または先着70人で締め切りです)
ご希望の方は、下記のサイトからお申込みください。

ニサルガダッタ・マハラジが指し示したもの」の中で、(ラメッシの説明によれば)、マハラジは「輪廻転生」や「悟り」の観念を全部否定している。最晩年、マハラジが帰依者やサットサンの参加者たちを導こうとしたところは、「意識に先立って」、つまり、すべての思考・観念・感情・言語が生じる以前の本質である。

だから、本質の観点から見れば、「輪廻転生」や「悟り」だけでなく、「すべての思考・観念・感情・言語」は、本質的には存在しない、否定されるべきものとしてある。

ニサルガダッタ・マハラジの最晩年の教えの焦点が何かが理解できれば、「輪廻転生」や「悟り」という観念をなぜ彼が否定するのか、少なくとも知的には理解できるだろうと思う。

それにもかかわらず、賢者が言葉を使って説明しようとした瞬間に、すべては時空間の幻想領域に入り、前回も説明したように、彼らはある程度は時間と空間があるという前提でしゃべらないと、言語そのものがまったく意味不明となる。

ニサルガダッタ・マハラジが指し示したもの」の中では、なぜか、人間の肉体の始まりである「精子と卵子」の話が多いが、人間は「精子と卵子」の合体から始まり、それが時間をかけて成長しましたというふうに、時間と空間を前提にした物語をマハラジは語ることによって、聞いている人に、「自分の本質がそんなふうに変化するものではありえない」という最低の知的理解を与えようと試みている。

しかし、マハラジの目標は知的(観念的)理解ではなく、あくまでも、「すべての観念以前」である。つまり、「悟りとは何か?」とか、「輪廻転生とは真実か?」とか、その他あらゆることを私たちが議論できる根本的原因は何なのか? その根本原因に戻りなさい、という指示だ。

もっと日常的に言えば――私たちは生きて、正常に機能しているからこそ、あらゆることを考え、議論できる。しかし、その「生」を究極的につかさどっているのは、何なのか? それは、「人間」と呼ばれている一個のはかない生物なのか、あるいは、様々な観念なのか、それとも何なのか……

本質から出てしまえば、観念としてはあらゆること、あらゆる物語、あらゆる議論が可能である、つまり、この幻想世界は「何でもあり」の世界なのだ。

地球上の70億の人間がそれぞれ特有の観念世界(幻想)をもち、一人ひとりが善悪の観念、真理とウソの観念をもっている。さらにはこの惑星に住むその他の生物もそれぞれの世界をもっている。


朝と夜に鏡を見て、問いかける。「鏡の中のあの人はどうやって生存するようになった(製造された)のか?」 私は幻想(物語)領域に入って、答えてみる。「あの人は、○○という父と○○という母の元で、××年に生まれた△△という名前の者である」。(大丈夫、今日はまだ記憶機能が正常で、ちゃんと答えられる)

しかし、鏡を離れた瞬間に、「あの人」は消滅し、次に鏡を見るとき、またそこに出現(転生?)している。そして、家族、たとえば、母(幻想物語の中で、「あの人」の製造者だとされている人)に会った(最近は、パソコン上で時々会う)とたん、母のマインドに「あの人は転生」し、私も母の前で「あの人」になる。母の記憶はかなりあやしくなっているが、かろうじて、まだ「あの人」が自分の娘だという記憶が働いている。

「輪廻転生」の観念についての結論は、もしその観念がどうしても気になるなら、納得いくまで考えて、一人ひとりが結論に至ればよいのだと思う。

私自身の結論は、すべての観念について、般若心経風に言えば:

「さとりもなければ、さとりがなくなることもない」
「迷いもなく、迷いがなくなることもない」
「老いも死もなく、老いと死がなくなることもない」

それに習って言えば:

輪廻転生もなければ、輪廻転生がなくなることもない……

つまり、言語的にはまったく無意味……(笑)


輪廻転生について以前書いたブログ
「アジャシャンティ」(3)輪廻転生 2012年4月8日
[お知らせ]







[お知らせ]

「ニサルガダッタ・マハラジが指し示したもの」(ラメッシ・バルセカール著)が、発売になりました。本体価格:2,550円 (用語解説と訳者あとがきも含めた本文ページ数、378ページ)

目次は下記のサイトに掲載してあります。

http://www.simple-dou.com/CCP052.html

アマゾン社サイト
https://www.amazon.co.jp//dp/4864513317/

*「意識は語る――ラメッシ・バルセカールとの対話」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0832XZ3ZX

*「意識に先立って――ニサルガダッタ・マハラジとの対話」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B084KPV1XC

*「楽しいお金2」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B085VLSD2G/


*「楽しいお金3」電子書籍版発売。
https://www.amazon.co.jp/dp/B088TDX4CL/


[電子書籍既刊]

ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』

ヨドバシ電子書籍ストア


トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』

「人をめぐる冒険」


[新刊発売]

「頭がない男-ダグラス・ハーディングの人生と哲学」
*定価:本体価格2,500円+税 *版型:B5版(フラカラー)183ページ*発行:ナチュラルスピリット 
*目次詳細 

*アマゾン社の広告
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512981

[シンプル堂電子書籍・音声ファイルの販売につきまして]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していましたDlmarket が
営業を終了し
ました当面、下記電子書籍、音声ファイルの販売はシンプル堂で行います。
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。


現在販売中の商品

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(本体価格 1500円)(453ページ)
  
試読版無料ダウンロード
 https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGHyMMb0_abLPm5o

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(本体価格 1500円) (367ページ)
試読版無料ダウンロード

「楽しいお金縦書き」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGME_pCKQUY5J-3j

「 楽しいお金3縦書き」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGQOyvyjpR4C9wkD

 「人をめぐる冒険 縦書き」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGXevb9snCq6Ds7L

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格  2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)
東京会場試聴版無料ダウンロード

京都会場試聴版無料ダウンロード