タダ経済のゆくえ2007年09月27日 11時55分47秒

今回、ブログを開設するにあたり、色々なブログを見てまわった。長い間、ブログと普通のホームページの違いもよくわからず、ニュースを読むときと、必要な情報を探すとき以外、私はインターネットそのものをそれほど利用しているわけでもない。

今回、まあ、色々なブログやサイトをランダムに見てまわって、書いている人たちのその圧倒的情熱に驚かされた。みんな、ありとあらゆることを書いている。自分の経験、知識、うんちく、日々の雑感、そして悪口等々。

そして、書いている人のほとんどが、それでお金を儲けていないはずで、つまり、タダで書いている。では一体何のためかといえば、それは娯楽、自分を楽しませるためである。言葉を書いて、自分を楽しませる。

そして、できれば、自分が書いたことを人にも楽しんでもらいたい。人にも認めてもらいたい、のだ。たぶん。

かつては、作家や評論家、新聞記者などのプロの物書きにしか許されていなかったこの贅沢が、今では、誰でも享受できる時代になったのだ。

情報に関していうと、世界中のインターネットに流れている情報や文章は、マスメディア(テレビ、出版等)が出してくるものより、質がよく、パワーフルなものがたくさんある。実際、プロの物書きが書くよりも、質がよいものが、タダでたくさんころがっている。もちろん同時に最悪のものもたくさんあるけれど。

ただし、何をもって質がよく、質が悪いというかは、読む人の判断による。私にとって「最悪」が、別の人にとっては「最良」の場合もある。そこは本や音楽と同じ。

今回、そのタダ活動への人々の情熱を観察して、利益を目的としない自由で気楽で、ある種無責任な活動こそ、人が本当は一番楽しめるのかもしれないと感じた。

そして、人々のタダ活動への情熱とエネルギーを上手に利用する会社(検索&広告で儲けている会社)が、今の時代では最大の利益をあげていることが、現在の経済の奇妙な矛盾だ。出版界でさえ、今は自分で企画を考えるよりも、ネット上で人気のブログや小説を編集して、売れる本を作っている会社がたくさんある。おそるべし、タダ経済!

最近、そんな、これからの地球の富のゆくえについて、多くの情報を盛り込んで解説している本、「富の未来(上/下)」(講談社発行)(未来学者アルビン・トフラーとその妻による共著)を読んだ。うまく編集されているので、読みやすい(でもうまく編集されている分だけ、パンチ不足かな。)お暇な方はどうぞ。

シンプルな教え2007年09月27日 20時17分13秒

精神世界の旅を開始したのが、24歳のときだったので、もうかれこれ30年も精神世界に関わっている。この間、様々な先生、教えに出会い、学び、教えていただいた。

色々試したあげく、スピリチュアルに関しても、私にとっての結論とは、シンプルな教えが一番よいということでだ。

スピリチュアルな教えで、シンプルであるとはどういうことかというと、私にとっての定義は、下記のようなものである。

1.それをやるとき、時間とお金がほとんどかからない。
2.私のような怠け者でも、誰でも実践できる。
3.いつでもどこでもできる。よって長期的に続けることができる。
4.先生は特に必要ではない。
5.それを教える人や創始者を自分より偉いと思ったり、崇拝したりする必要がない。
6.最後には、教えも本もワークも必要でなくなる。
7.自分にヒットすれば、今ここで、簡単に平和になれる。
8.シンプルだが、奥が深い。

で、私が最も多く教えをいただき、学ばせていただき、効果があった、3人の先生のワークと教えを、ご縁のある人たちに紹介している。

一人が、師であり、親友であり、人生の先輩であるイギリスの哲学者(1909~2007)ダグラス・ハーディング(Douglas E. Harding)。

彼の教えは、ご本人の言葉を借りて要約すると、「ここでの私は、そこであなたに見える姿ではない」というもので、彼は、自分の本質と他人から見られる外見の根本的違いを、簡単に見ることができる実験を開発し、長年それを多くの人たちと分かち合った。私も年に数回研究会を主催している。(次回は、2007年10月21日午後)

邦訳図書「今、ここに、死と不死を見る」(マホロバアート発行)
「顔があるもの顔がないもの」(マホロバアート発行)

邦訳図書の詳しい情報は、http://www.mahoroba-art.co.jp
ハーディングについての詳しい情報は、http://www.headless.org (英語)
ワークとイベントの詳しい情報は、http://www.ne.jp/asahi/headless/joy (日本語)

二人目は、同じく心の師とあおぐ、ラメッシ・バルセカール(RameshS.Balsekar)。彼の教えは、「存在するすべては意識である」「人生に起こるすべてのことは神の意志であり、神の意志を受け入れることに平和がある」と要約できる。

神の意志、(もし「神」と言う言葉を嫌いな人は、「宇宙の意志」でもいいと思うけど)を受け入れられるとき、そのときは、自分にストレスを与えるたぐいの「なぜ」の疑問が大幅に減り、その分、楽しい実務的「なぜ」(たとえば、今日の卵焼きはなぜ失敗したのか等)に時間をさくことができる。

邦訳図書「人生を心から楽しむ」(マホロバアート発行)
邦訳図書の詳しい情報は、http://www.mahoroba-art.co.jp
関連サイト http://www.advaita.org/(英語)
他に、「アイアムザット」(ラメッシの師である、ニサルガダッタ・マハラジの本――ナチュラルスピリット発行)

3人目は、今欧米で大人気の、バイロン・ケイティ(Byron Katie)のワーク。彼女は、自分の思考を疑うための、たった4つの質問を考案し、私たちのすべての問題や悩みは、あるがままの現実を否定することから生じることを教えてくれる。

邦訳図書「人生を変える4つの質問」(アーティストハウス)
「探すのをやめたとき愛は見つかる」(創元社)

その4つの質問をご紹介すると、
1それは本当ですか?
2あなたはそれが本当だと絶対的に知ることができますか?
3その思考を信じるとき、あなたはどんなふうに反応しますか?
4その思考がないとき、あなたはどんな人ですか?

ストレスとなっている思考を以上の質問にかけてみると、現実そのものではなく、その現実についての自分の思考がストレスの元凶であることが理解できる。

下記のサイトから日本語のワークシートもダウンロードできる。
バイロン・ケイティの情報とワークについては、 http://www.thework.com

もしこのコラムをお読みの方が、これらの先生の教えやワークに、はじめて触れる機会があれば、多くの場合、「私の問題や悩みが、こんな簡単なワークや教えで解消するはずがない」という印象をもつかもしれない。バカバカしいほどシンプルで簡単に思えるからだ。でも、幸運なら、自分にヒットするかも、です。