目標・欲望・結果――ただ起こる2013年12月01日 11時28分03秒

私のところへ話に来られる方は、アドバイタ系の教えの本を読んでいる方がほとんどで、「自分とは何か?」の覚醒・気づきなどに皆さん強い関心をもっている。しかし、同時に、人として世俗的欲望というか目標みたいなものも、たいていの方はもっている。 

たとえば、車が欲しいとか、結婚したいとか、あるいは転職したいとか。そして、覚醒や気づきなどのスピリチュアルな関心と、世俗的欲望や目標との折り合いをどうつけたらいいのか、悩む人がいる。
 

私が欲望について深く考えたのは、二十代後半の頃で、その頃私はJ・クリシュナムルティ(ご存じない方は、ネットで検索してみてください)の本にものすごくはまっていた(彼とオショーは、私がスピリチュアルな道に入るきっかけを与えてくれた人たちだ)。J・クリシュナムルティには衝撃を受けたものの、彼の言うことがさっぱり理解できず、いつもある種の苛立ちがあった。 

彼は言う――人間の「~~が欲しい」「~~したい」 「~~でありたい」 といった常に未来に思考を投影する心が、苦しみの元凶であると。

私はそういう文章を読むたびに、こう思ったものだ――確かにそうかもしれないが、しかし、人間から、「~~が欲しい」「~~したい」 「~~でありたい」という願望や欲望を取り除いたら、生きていく活力さえもなくなってしまうだろう。人間は、今の自分の現実にないものを目指すゆえに、未来への希望が出てくるのではないか。しかも人はある程度は自分の欲望を満たさないかぎり、欲望から解放されることもできないだろう、と。

私は約5年間 J・クリシュナムルティを非常に熱心に読んだものの、結局彼の教えは自分に合わないと思い投げ捨ててしまった(でも彼のおかげで、あまり横道にそれなくてすんだ気もしている)。 それから30代にダグラス・ハーディングの教えに出会い、40代にラメッシ・バルセカールの教えに出会い、欲望・目標と気づき・覚醒 の折り合いをつけることができた。
 

ダグラス・ハーディングの教えに出会ったとき最初に理解したことは、「覚醒・気づきは、努力して未来に到達したり獲得すべきものではなく、今ここに永遠にあるものであり、それは人が何をしてもしなくても、なくなったり減ったりするものではない」ということだ。つまり、人として何を経験しようが、何を欲望しようが、何を目標にしようが、それは覚醒とか気づきとは無関係であり、世俗的なことであれ、スピリチュアルなことであれ、何だって自分のしたいことをすればいいのだという確信を得た。
 

それからラメッシの教えに出会ったときも衝撃で、彼が言うことは、欲望であれ目標であれ、それがある特定の肉体精神機構(ラメッシが人間を指すときの言葉)に起こるのは、本当は個人の意志によるものではなく、神の意志によるものであり、そしてその欲望が自分の望みどおり実現するかどうかも個人の意志にはよらない――物事はすべて神の意志によってただ起こる。

「で、何をどうすればいいのですか?」という人たちに対して、ラメッシのアドバイスは非常に平凡ではあるが、奥深い。「何でも好きなことをしなさい。その結果はあるときはよく、ある時は悪いものですが、誰もがこれを受け入れざるをえません。すべては個人の意志ではなく、神の意志によって起こることを受け入れれば、プライド、罪悪感、妬み、憎しみから解放され、それが人が望みうるすべてです」。

あるいは、しばしば彼はこうも言う。「今まで続けてきたことを、これからもただやればいいだけです。意図的に何かを変える必要はありませんが、変化は自然に起こるかもしれません」(ラメッシのConsciousness Speaks『意識が語る』が来年出版予定です)。

人間と呼ばれる肉体精神機構には多くの欲望や目標が通過するものだが、実際そのために活動するエネルギーも伴ってやって来るかどうかはまた別の話で、人の「~~しよう」「~~したい」の多くは思考だけで終わるのも事実である。前にも書いた事ではあるが、実際ほとんどの人は数少ない特定のことにしか、本当のやる気はでないものである。また「~~しよう」「~~したい」という強い思いとエネルギーがあっても、外側からの障害が起きて、どうしてもそっちに進めないということもある。

思考・感情・欲望・目標、そして物事の実現も、個人の意志とは無関係にただ起こる、ただただ起こる――(人間の判断による)よいこと・悪いこと・普通のことが、誰の人生にも起き続け、しばしばよいことは悪いことに変わり、悪いことはよいことに変わり、苦労は喜びに変わり、喜びは苦痛に変わり(人生万事塞翁が馬)、ヒンズー哲学が神のリーラ(遊び)と呼ぶ人生映画が進行する。

さて、シンプル堂と呼ばれる肉体精神機構もこの間還暦となった――神にもて遊ばれて(笑)60年! 欲望・目標に関しては、J・クリシュナムルティに苛立っていた20代の後半の頃と今もほとんど考えが変わっていない。何かをしようと思い立ち、それに対する能力・体力・財力(エネルギー)が出そろえば、それに向かい、そうでなければ、できるだけじっとしている。 20代の頃と変わったことと言えば、自分の肉体精神機構にやって来る思考・感情・感覚と、それを通じて為される行為とその結果に対して、心配や罪悪感がほとんどないことと、どんな結果が展開しても最終的にはOKなのだという確信である――OKでないという思考が流れるときでさえも。なぜOKなのかと言えば、それが起こっていて、それが神の意志(=私の本質の意志)だからだ。

 物事はただ起こる、ただただ起こる……

[質問へのお答え]


ニサルガダッタ・マハラジのPrior to Consciousnessは、神のみぞ知る理由で、どこかで進行が止まっているようです…たぶん、ラメッシの本のほうが先になるだろうと思われます。

コメント

_ 北秋津 ― 2013年12月01日 17時39分54秒

祝・還暦☆
これからもお元気で、益々のご活躍を期待しております。
(物事はただ起こるというのに、なんだかそぐわないコメントですね(苦笑)。)

_ ao ― 2013年12月09日 10時58分18秒

以前会に参加させて頂き、コメントさせて頂いていたものです。
お誕生日おめでとうございました!!

ここ何か月か、ほんとに私の欲望なのか?と思うような欲求に苦しんでいたのですが、また今回のブログでスッキリ致しました!
こちらでは何度もスッキリ直球の答えを頂いていて、神と高木さんに感謝です!

ラメッシを理解するには私はロマンチスト(センチメンタリスト?)過ぎたんですが、
「プライド、罪悪感、妬み、憎しみから解放」されることが望みうる全てというのもようやくわかってきました。

ありがとうございます。
この1年も楽しく過ごされますように☆

_ 山形 ― 2017年04月02日 01時52分11秒

素晴らしい。涙が出てきました。最新記事から遡って読んできましたが最大の衝撃と感動を覚えました。棺桶に入れたい記事です。あーー!行き着くところに行き着いた感があります。本当に脱力、素晴らしい洞察を丁寧に分かり易くここに書いてくださったことにただただ感謝申し上げます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック