ネタキリ疑似体験2011年10月07日 13時41分43秒

父のことでバタバタしていたら、季節はすっかり夏から秋になってしまった。最近では、猛暑からいきなり晩秋みたいな変化が多くて、そういった気温の急激な変化も、体にはストレスになるような感じである。

私の人間マシンもこの間、具合が悪くなって、しばらくダウンしていた。私は大人になってから、具合が悪いときに、歯医者を除いて、ほとんど医者に行ったことがなく、たいていは静かに寝て、症状がおさまるのを待つだけにしていた。が、今回は病気がダブルでやって来たので、医者に診てもらい、薬を処方してもらった。軽症ではあったが、それでも二日間ほど、高熱でネタキリ状態になった。

自分が一時的にネタキリになって、入院していた頃の父のことを思い出した。父も、一時、寝ているのが一番楽な状態になって、体を動かすのも、食事をするのも、トイレに行くのも、すべてが苦痛というか面倒な状態になって、このままほっておくと、体の最低の機能は回復しても、ネタキリ状態になる可能性を家族は危惧していた。それで、嫌がる父に多少無理にでも、食事を食べさせ、テレビや新聞を見させ、体を起す練習・歩く練習をさせて、父はなんとか自力で歩ける状態で退院することができた。

私の場合は、体の全エネルギーが対ウィルスとのいわば「戦争」に動員されているせいで、入院中の父のように、横になって寝ているのが一番楽になって、体を起すとか、食事をするとか、歩くとか、そういう簡単なことにすらエネルギーがまわならないというか、それらをやろうとすると、信じられないくらいの大仕事となった。いつもなら、パクパク食べる食事も、ほんのわずかな量でも、見ているだけで、食べる意欲がまったくわかないのである。こういうときに、もしまわりから「食べなさい」とか、「体を起しなさい」としつこく言われたら、うるさいと思うはずと、入院中の父の気持ちを理解した。

病気の苦痛を、もちろん、私は好きではないが、でも、病気そのものには、ネガティブに対応しないことを心がけている。病気とは、私の観念によれば、何かのアンバランスの調整である。心身や人間関係、仕事、その他のおけるにアンバランス(それが何かを特定するのは難しいことが多いが)を矯正して、元に戻そうとするのが、病気の役割と、私自身はそんなふうにとらえている。あと、私の場合は、病気のときは、自分の人格の中の最低の部分が出てくることがよくあり、なぜか、その最低の奴と高熱の最中に高尚な対話をしたりしているのだ(笑)

現在は、ようやく平常の80%くらいまで回復したので、次回は、もうすぐ発売予定(シンプル堂が翻訳を提供)の本をご紹介したいと思っている。



体が老いる楽しみ2009年05月23日 09時35分57秒

人間年齢が50代の半ばをすぎると、肉体マシンの各パーツも少しずつ衰えてくるようである。

私は子供の頃から、体力がなく、疲れやすいわりに(というか、おそらく、そのおかげで)大病をしたことがなく、これまでは、歯医者以外、ほとんど病院に行ったことがない。

それにまあ、どちらかといえば、病院嫌いなほうで、たいていは、ちょっとした不具合は寝て直す主義だ。

しかし、肉体マシンの衰えをかなり感じ始めた今は、そうもいっていられないと思い直した。

で、ここ数ヶ月間、肩と腕の調子が悪く、貼り薬も役に立たないので、先日、整形外科へ受診に出かけた。首のところの神経に多少問題ありということで、生まれてはじめてリハビリなるものを受けることになった。

現代のリハビリは、ハイテクである。機械がほとんどやってくれる。療法士の方が、機械の調子を確かめながら、「痛くないですか?どこかきついところはありませんか?」と優しく声をかけてくださる。 私は、はじめて受けるリハビリに驚いたり、テンションが上がったりで、「はい、とっても楽しいです!」と思わず言ってしまって、療法士の方も苦笑い。

そんな感じで、リハビリは楽しく気持ちがいいものだとわかったが、病院に通う時間がもったいない。

それで、リハビリに代わる機械を探してみたら、現代はネット・通販であらゆる家庭用治療器が売られていることにビックリ。

こんな治療器やマッサージ器に関心を寄せ、「体にお金を投資」するようになるとは(!)と、自分でも驚きながら、よさそうなものを購入して自宅リハビリを開始した。そして、機械にリハビリしてもらいながら、最近は本も少々読み飽き、読書の集中力もなかなかわかないので、DVD(映画)やコミック鑑賞の日々である――これは、けっこう中毒します(!)

体は、何でも知っている、かもしれない2008年03月18日 10時05分54秒

3月、4月は楽しい季節である。光の量が増えるので、何がなくても、なんとなく気分がいい。研究によれば、脳の中のセロトニンというホルモンの増減が、人の感情に大きく影響し、そしてそのセロトニンは光に強く影響されるという。だから、まあ、太陽の光をある程度浴びるのは、心にもよいことらしい。

ということで、天気のよい日に散歩をするのは楽しいことではあるのだが、一つだけこの季節に、ツライことは、花粉である。外出中、そして外出から帰ると、くしゃみ・鼻水がしばらく止まらない。

しかし、これでも、数年前に比較すれば、昨年、今年と私の花粉症は劇的に改善されたのである。少なくとも外出しなければ、花粉症の症状がほとんど出なくなった。

何が効いたかといえば、正確にはよくわからないが、たぶん、セロリとヨーグルトかなあと、思っている。

セロリ(特にセロリの芯)、1年間ほどセロリ中毒・セロリ恋愛かと思うほど食べた(セロリは決して安い野菜ではないので、家計費に響いた!)

スーパーへ行くとまずセロリ売り場へ直行する。売り切れていたり、値段が高かったりするときは、別のスーパーへまた走る。そこでもないと、また別のスーパーへと、セロリのために走るというか、走らされる尋常ではない日々が、ある時期突然始まり、1年ほど続いたあと、またある時期、体がまったくセロリに反応しなくなって、今はもうほとんど食べなくなってしまった。

で、現在の「恋」の相手は、ヨーグルトと今の季節が旬の果物、デコポンである。気に入った味のヨーグルトを見つけたので、そのヨーグルトの在庫と値段が気になって、またまたスーパーめぐり。本当に、人は「恋」のためには奔走できるもの……らしい。

いやいや、本日、私が何を言いたいかというと、体が何かを食べたいというときは、それは、たいていは、体に必要なものらしい、ということだ。

体は、人が思っている以上に、案外賢いものである。

参考図書
Your body doesn’t lie.(直訳すれば=あなたの体はウソをつかない) (John Diamond 著)

体が何を必要としているかを、筋肉の反射によって知るKinesiologyという研究を、普通の人が使える形で解説した本。

(未確認ですが、本書の翻訳書は、20年以上前に出た「健康への鍵をみつけた―行動キネシオロジーのすすめ」という本らしい)

生姜の薬効2008年02月26日 10時34分29秒

体を温める――先日、読んだ雑誌に、現代人の体の不調や病気のほとんどの原因は「体の冷え」であり、体を温めると、病気を防ぐことができるという内容の本が紹介してあった。その本を私は読んではいないが(本の正確なタイトルは失念)、「体の冷え」が、体の不調や病気を引き起こしやすいという考えには、以前から、実感として、そうかもと思うことが多かった。

素人的に考えみても、体が冷えると、免疫力が落ちるので、細菌やウイルスに弱くなる、血液の流れが悪くなるので、老廃物が体にたまりやすい、体が冷えると、睡眠が浅くなるなど、確かに、病気になりやすくなるかもしれないなあーと納得する。

体を芯から温めるのに、効果がある方法は、いろいろあるだろうけど、私の場合は、一番、簡単で効果があると思ったのは、生姜を食べることである。料理に使うだけでなく、味噌汁に入れる、ホット梅酒に入れる、生姜湯を作る(試したことはないが、生姜紅茶もおいしいらしい)、その他市販の生姜入りの飲み物を飲む等、毎日常用している。

あと、生姜は、胃の不調にも効く。私の場合は、市販の胃薬と同じかそれ以上に効果がある(殺菌作用とか消炎作用があるように感じられる)。

私のように医者に行くのを面倒に思う人には、身近な食品の薬効を発見するのは、楽しいことである――どこでも手に入るし、簡単なので。

風邪対策2007年12月01日 14時42分30秒

風邪、インフルエンザの季節である。

以前ご紹介した野口晴哉さんの「風邪の効用」によれば、風邪には、体の緊張を緩和する効果があり、風邪を上手にひくことは、体にとっては必要で、よいことなのである。

つまり、風邪をひくということは、体の自浄作用でもあるのだ。逆に言うと、何かの肉体的、精神的ストレスがたまって、体が緊張しているときは、風邪をひきやすい。

このことをよく実感したのは、昔、外で働いていた頃で、仕事が終わって休みになる頃によく風邪をひいて寝込んだことがあった。ほとんど休むことも遅刻することも許されない仕事をしていたので、仕事の最中だけはどれだけ疲れていても、風邪を絶対ひいてはいけないと自分にいつも言い聞かせていた。そして、目いっぱい体が緊張している状態で仕事が終わって、休みに入ると、ほっとして、風邪をひく。野口さんの言うように、風邪をひき終わると、体のストレス(緊張)が解消されて、爽快になる、そういうパターンが多かった。

最近は、海外旅行から帰ったあと、よく風邪をひく。海外の町を歩いているときは、日本にいるときの、数倍は、自分でも気がつかずに、体に様々な負荷がかかる。海外旅行は楽しいが、体力をかなり消耗する。私のように、たいしてない体力をかき集めて海外へ行く者は、帰ってきてからのほうが大変である。

おそらく、一人ひとりに、風邪をひくそれぞれのパターンがあり、それを知っておくのは、よいことである。風邪の予感がするときに対策をほどこせば、寝込んで熱がでるのを防げる場合もある。

前回(9月26日ブログ)のビタミンCに加えて、私にとって、風邪をひきにくくするための、簡単で安上がりで効果があったものをご紹介しておくと、

1うがい――喉や鼻から侵入するウイルスを流し落とす――注意点としては、以前何かの本に書いてあったことだが、うがいは、「音を立てて、うるさく」、ガラガラ、ゴロゴロとやらないと効果がないということだ。上品に口をゆすぐ程度のうがいは、あまり効果がないそうである。以前は、「うがいなんて」とバカにしていたが、ゴロゴロ、ガラガラやるようになってから、効果を実感している。

2水分を十分にとる(特に空気が乾燥する地域に住んでいる人)――喉が乾燥すると、ウイルスが生存しやすい。

3体を温める――体が冷えていると、体の免疫力が落ちるので――ただし、外側から何かを着て温めるより、体の中から、温かいことが大事のようだ。体を温める食事、食品、しょうが、にんにく(もし味が嫌いでなければ)等を定期的にとることが、効果がある。


それでも、このように注意をしていても、風邪は、ひいてしまうときには、ひいてしまうのであり、それは冒頭に述べたように、よいことなのである。そのときには観念して、風邪の通過を楽しく待つしかない。

風邪のひき始めのビタミンCの効用2007年09月26日 12時01分09秒

風邪のひき始めや、喉に軽い痛みを最初に感じたときや、風邪をひきそうな予感がするとき、私にはビタミンCがよく効く。

昨日も喉に軽い痛みを覚え、季節の変わり目の風邪が来そうな予感がしたので、うがいをして、ビタミンCの錠剤を2錠ほど飲んだら、数時間以内で痛みが消えた。でも、風邪を完全にひいてしまって、熱まで出てしまったあとは、気休めに大量に飲むけれど、ほとんど効果はないようである。

ビタミンCは、錠剤も粉末も安いのでありがたい。ただ、私は普段は常用しないことにしている。なぜかというと、常用すると、私の場合、いざ風邪のひき始めのときに効かないからである。

風邪といえば、野口晴哉の「風邪の効用」という本。今から数十年前に読んだときに、目からウロコが落ちたという感じで、風邪についての私の観念を根本的に変えてくれた。

日本が生んだこの天才的ボディーワーカー(今、日本で活躍している、ボディーワーカーの方々は、ほとんどこの方の影響を受けている)を知らない人には、ぜひ彼の本をお勧めしたい。