「触媒」――見かけの人(伝道者)の 役割2017年06月13日 15時53分47秒

先日のヤン・ケルスショットのワークショップの中で、彼がした話をもう一つ思い出した。

それは(見かけの)グルや教師 の役割についての話で、彼はグルや教師とは、何かを燃やすときの触媒のようなものだという話をした。

たとえば、砂糖を燃やすとき、砂糖だけだと燃えない(そうである)が、灰(タバコの灰?)を砂糖につけて砂糖を燃やすと、砂糖は燃え始め、最後には砂糖は燃え尽きて、そしてあとには触媒の灰だけが残る。この喩え話では、砂糖が霊的探求者で、灰がグルや教師ということである。

つまり、グルとか教師は探求を推進する影響を与える役割をもっている、というわけである。そういう意味では、ヤン・ケルスショットもたくさんのグルや教師から学び、影響を受けてできたようだ。(私自身はことノン・デュアルの教えに関しては、「グルとか教師」という言葉よりもどちらかというと、伝える役目の人、つまり、「伝道者(道を伝える人)」とか「伝導者(伝え導く人)」という言葉のほうがふさわしい気がしている)。

この話は、ラメッシ・バルセカールがした話にも似ている。彼はグルについて、「人が探求を始めるときには、グルや教師は必要ではないが、探求を推し進めるにはグルが必要である」と、確かこんな話をどこかでしたと私は記憶している。

この話題に関して、私がまた思い出すことは、私が20代の頃に私を霊的探求へ引き入れたきっかけとなったJ・クリシュナムルティの言葉だ。

彼は繰り返しこう言っている。「自分の本質に覚醒するのに、グル、ワーク、本は必要ない」。私は読書以外なるべく何かをしたくないので、この言葉を喜び、この人は真実を言っているに違いないと直感したが、一方で、「本が必要ない」と言っている人の言葉が書かれている本を、熱心に読んでいる自分をよくバカバカしく感じたものだ。

さらにあとで思ったことは、「本は必要ない」と言いながら、彼自身は晩年まで世界中を講演してまわっていて、少なくとも「言葉」を使っていたわけだ。もし本が必要ないなら、それはすなわち「言葉による講演」も必要ないだろうということだった。

もし人が外側のグルも本もワークも一切なく、自分一人で霊的探求をし、目覚めに至ったら、それが「王道」である。しかし、それはほとんど起こりえないことで、もしそれが起こるとすれば、その人は「ほとんど」覚醒して生まれている。私が名前を知っている賢者では二人だけである――ラマナ・マハルシ(インドの賢者)とロバート・アダムス(90年代に亡くなったアメリカの賢者)

ノン・デュアルの教えに限って言えば、J・クリシュナムルティの言っていることは正論である――「私とは何か」を認識・理解するために、私以外の何も、思考や感情でさえ必要ではない。しかし、正論はほとんどいつも役に立たない(笑)。

話を「触媒」に戻そう。私が思うに、伝道者だけでなく、本やワークもある意味では「触媒」である。その他人生の出来事も触媒である。ほとんどの霊的探求者は、その探求を推進するために何らかの触媒を必要とするものだ。

本は手軽で安価でよい触媒であると、私は確信している。現代の先進国では、人はどこでもそれを手に入れることができ、どこでも読むことができるという利点がある。私が長い間本に関する仕事をしているのはそういう理由である。しかし、伝道者やワークに比較すれば、その影響は非常に小さく、すぐには感じられない。ある特定の本から影響を受けたいと思うなら、人は何度も読まなければならず、霊的探求のための読書には特別に「瞑想的読書」(読書による瞑想)という言葉があるくらいだ。

それからワークもよい触媒となりうる――もしそのワークがその人にフィットすれば。そして伝道者 (グル・教師的な人たち) という見かけの人は、ヤン・ケルスショットも言うように、最大の触媒となりうるものだ。それはなぜかというと、私が思うに、私たちは見かけの人がもつエネルギーに非常に影響を受けやすいからである。これは伝道者たちが影響を与えたいと思っているということではなく、見かけの人と人の出会いにより、影響は(起こるときには)自然に起こるということである。

人が人に与える影響は、何も霊的探求の分野に限らない。人は自分が出会う人たちに影響を与え、そして影響を与えられながら、みんな生きている。見かけの人たちの世界は、よい影響にしろ悪い影響にしろそういうことで成立っている

私がかつてスピリチュアル系の場に参加して、もう一つよく感じたことは、特定の伝道者(グルや教師)の影響だけというよりも、その人たちのまわりに集まってくる「見かけの人たち」が作り出す「場」にも、人は影響を受けるのだということだ。 私の経験では、スピリチュアル系のセミナー、ワークショップ、サットサンにはそれぞれ独特の感じがあり、一般的にはその「場」の感じが自分に心地よく感じられれば、それは自分に合っているということができるだろう。

探求者がものすごく多様であるゆえに、触媒である本・ワーク・伝道者もまた多様である必要があるのだと思う。それが現代、これほど多数で多様なスピリチュアル系の本・ワーク・伝道者が世界中にあふれている理由でもある。また多数で多様であるとは、スピリチュアルな触媒はほとんど自分にヒットしないということでもある。人が仮に百冊近い本を読んでも自分に合う本はほんの数冊かもしれないし、10カ所のスピリチュアル系の場をめぐっても、自分に合うと思えるのは一カ所くらいかもしれないのだ――スピリチュアルな探求とはバカバカしいくらい贅沢で無駄が多い旅(笑)である。

ということで結論としては、お金と時間の余裕に応じて、各種の触媒を利用することは霊的探求を推進するのに役立つだろうということである――見かけの人が、J・クリシュナムルティの正論が本当に正しいことを確信する日まで。

[イベント]                                                  
 
「人をめぐる冒険」ワークショップ2017年6月18日(日曜午後) 東京 
詳細・予約は下記へ

[イベント]                                                  
 
 「私とは本当に何かを見る会」2017年7月17日(月曜-祝日午後) 東京 
 
[お知らせ]
 
ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

  

[シンプル堂電子書籍]

*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック