「世界は幻想である」 とは?(3)2018年02月16日 11時52分04秒

マハラジのような賢者に、「なぜ賢者は世界の苦しんでいる多くの人たちに対して何もしないのでしょうか?」という主旨の質問が為されることがある。
 
それに対してマハラジが何と答えたかというと、

人々の苦しみは幻想だからだ

もちろんこの答えはほとんどの人には理解されない。
 
賢者が世界をどう見ているのか、一番わかりやすいたとえは、「部屋で映画やドラマを見ているようなもの」と言うことかもしれない(似たようなことをマハラジも言っている)。 賢者にとっては、「世界に対してどうしてあなたは何もしないのか?」  という質問は、みんなで映画やドラマのDVDを見ているときに、悲惨な事件や出来事や苦しんている人たちが映し出されているのを見て、一緒に見ている誰かから「どうして私たちはこの人たちの苦しみを救わないの?」  と尋ねられるようなものにちがいない。

その答えとは、「これは映画という幻想で現実じゃないから、何もできない。だからこれは現実じゃないと目覚めるしかない」となるはずだ。

あるいは、映画やドラマに出演している登場人物が、「私の人生はどうしてこんなに苦しいの?」と叫んでいたら、「ああ、それはあなたが演じている幻想の役割だから、それから目覚めれば、どこに苦しみがあるの?」とでも言うようなものだが、そんなことをしたら、物語をぶち壊してしまうことになり、DVD鑑賞も台無し(笑い)になるので、誰もそんなことは言ったりしないけど。

しかし、このたとえはわかりやすいが、欠陥もある。DVD鑑賞の場合は、DVDの映像世界と視聴者たちは完全に分離しているが、賢者の場合、自分と見ている世界に分離はないことを知っている。彼らは世界を幻想だと知り、自分の肉体・マインドもその幻想の一部であると知っているが、同時に自分が世界と一つであり、自分の中からその幻想が現れていることも知っている――よいことも悪いこともすべては「私」も表現、顕現である。

だから彼らは何もしないわけではなく、世界と一つであることによって、目の前に展開することで必要なことは何でもやるはずである。ただ、ほとんどの賢者は社会改善運動とか平和運動とか慈善事業とかには積極的ではないと思う。それは彼らがそういう運動に反対しているわけでも批判しているわけでもなく、ただ自分がやるべきことだと感じないだけの話であろう。

そういった運動に情熱がある人たちは世界中にたくさんいる。あらゆる人たちは、霊的な探求者もそうでない人も、みな生まれもっての自分の情熱というものがあり、人生は自分のその情熱に従って自然に展開するものだと私は今ではそう理解している。

ちなみにマハラジやラマナ・マハルシのような賢者が世界の平和に貢献していないというのは、理解のない人たちの見方で、彼らはただ部屋に座っているだけに見えても、奥深いところで本当の平和を実践し、それを大勢の人たちに教え、その影響力は現代にまで至っている。

ダグラス・ハーディングは「世界の平和は自分から」と常に教えてくれた。その意味とは、もし自分が平和であれば、自分から自分のまわりの人たちへ、そしてそれから社会全体へその平和の影響は広がるだろう、というものだ。そして平和であるために、自分とは本当に何かに目覚めることが必要ということになる。

結論的に言えば、自分の本質に目覚めれば、「世界は幻想とは?」の問いや議論はほとんど意味のないものとなり、誰の(幻想)人生も平等に喜びと苦痛があることを理解し、普通で平和な人生をただ生きることしかない――いつもながら、平凡でつまらない結論ですが。
 
[サボ様への回答]

ロバート・アダムスについては過去の下記のブログご参照ください。I AM 瞑想のやり方を紹介してあります。
 http://simple-dou.asablo.jp/blog/2012/12/26/

[イベント]
2018年2月18日(日)「マハラジ/ラメッシの教えと瞑想の会」
   
  詳細は下記へ
     http://www.simple-dou.com/CCP006.html


[今後のイベントの予定]
2018年3月31日(土)「私とは本当に何かを見る会」(東京)
2018年4月15(日)「ダグラス・ハーディングの会」(岐阜市)

[お知らせ]

ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。

アマゾンサイト
https://www.amazon.co.jp/dp/B075R6PH31


フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

  

[シンプル堂電子書籍]

*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975













コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック