カルマなんて、ない!ただ、ポンです(笑)2019年03月16日 07時48分10秒

「頭がない男-ダグラス・ハーディングの人生と哲学」発売されました。

*定価:本体価格2,500円+税

*版型:B5版(フラカラー)183ページ

*発行:ナチュラルスピリット


*目次詳細  (原書には目次がないですが、読みやすくするために、日本語版にはつけてあります)


*アマゾン社の広告
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512981


先日、カルマについて私が書いた内容について、「カルマなんてない、と断定するべきだ」というコメントをいただいた。

では、ご要望にお応えして、本日は、「カルマなんて、ない」と、断定してみよう。

カルマとは、別の言葉で言えば、因果律だ。平たく言えば、時間世界での原因と結果である。だから、カルマの話は、時間世界(物語世界)が現実のものと想定し、その中に個々の人間物体がいるものと想定することによって、成立することができる。

たとえば、
皆さんが今、タブレット、スマホ、パソコンの画面上でこれを読んでいるとして、誰かが「このパソコン(スマホ、タブレット)を、どうやって手に入れたの?」 と質問するなら、皆さんは記憶を作動させて、こう答えるはずである。「ああ、これは、○○の時に、××の店で、△△の値段で買ったものです」

自分が○○の時に、××の店で、△△の値段で買った(原因)⇒今ここに、これが存在している(結果)
 
あるいは、
私は○○年に生まれた(原因) ⇒だから、私は今ここに存在している。(結果)

あるいは、
自分にひどいことが起きて、その原因を考えたら、「そういえば、若い頃、人にひどいことをした(言った)」という思考がわき起こって、「これはカルマなんだ」と納得したとしよう。

自分が昔ひどいことをした(原因) ⇒今日、自分にひどいことが起こった(結果)

しかし、究極を言えば、今述べたことは、「虚構(物語)」  である。

究極の観点では、あらゆる現象が存在するのは、「私は在る」からだ。
 
パソコン(タブレット、スマホ)  が今ここにあるのは、「私は在る」からだ。
苦痛を感じるのは、「私は在る」からだ。ついでに言えば、「私は在る」から、「それは昔のカルマ」だという思考が起こる。しかし、思考と現象は究極の観点からはまったく無関係である。

私は在る」という意識が毎瞬、 五感の機能と思考・感情活動として現れているだけである。

先日、大阪の会に参加された方が、自分の体験から、「起きていることと、思考はまったく無関係だということに気づいた」という非常に啓発的な話を披露してくださった。

たとえば、
朝目覚めたら、胃のあたりに痛みがあったとしよう。すると記憶が作動して「ああ、昨晩、食べ過ぎたからだ」という思考がわくとする。すると自分の中で、「昨晩の食べ過ぎ」と「今朝の胃痛」の間に因果関係を創造する。
 
「食べ過ぎ」⇒痛み⇒思考・感情⇒(薬を飲む)などの行動⇒「これからは食べ過ぎに注意しよう」という思考。
 
⇒は、時間世界の中では因果関係を表し、もちろん二元的人間次元(物語次元)ではそう解釈するのが正しいが、しかし実際は、痛みも、思考や感情も、行動も「独立」して、ただ、ポン、ポン、ポンと、起こるだけだ。「独立して」という意味は、「因果関係なく」という意味である。

そして、一番重要なポイントは、この ポン、ポン、ポンに個人はまったく関わっていないということである。なぜなら、個人は本当は存在していないからだ。だから、存在していない個人が、そもそも個人的カルマなどもちようもないのだ。

この話を一番わかりやすく理解するための例をあげるなら、
テレビドラマのある場面で、登場人物たちが過去の出来事について話し合っているとしよう。俳優たちは実際に出来事を経験していないにもかかわらず、登場人物としてはまるで過去があったかのように、決められたセリフをポンポン話す。

私たちが日々やっていることもそれに似ている。ちなみにシンプル堂という登場人物はカルマを信じ、同時に否定するという中途半端な役割を日々演じている(愚)。

本当は、世界はただ、ポン――「これからは、世界はポン、で行きましょう」という結論に、大阪の会の三次会は盛り上がり、私もとても楽しませてもらった。
 
無苦集滅道――苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制することも、苦しみを制する道もない(岩波文庫版「般若心経」より)


〔イベント〕
2019年4月7日(日曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(東京都新宿)
予約・詳細は下記へ

[お知らせ]

ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 
















コメント

_ TK ― 2019年03月16日 19時56分11秒

きっかけとなったコメントを読みましたが、「カルマなんて無いと断言するべきです」という、人の考えへの介入自体、ちょっと怖いなあと感じました。

_ やま ― 2019年03月18日 16時57分48秒

日本語しか読めない私がダグラスハーディングを知れてありがたいです。
人間ってサル山のサルみたいだなと思うことがあり「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」
に興味を持ってDLmarketを見てみたのですが、まだ復旧していないようです。


2018年11月12日より弊社運営の「DLmarket」(以下、「本件サービス」)の提供を
停止するとともに、再発防止策を講じるため、本件サービスにかかるシステムの
セキュリティ強化を進めております。

本件サービスの再開につきましては、セキュリティ対策の完了後とさせていただきます。
なお、再開予定時期については決定次第改めて当サイト上にてお知らせいたします。

_ やま ― 2019年03月18日 17時03分04秒

気付きませんでした。ごめんなさい。DLmarketサービス停止のことが書いてありましたね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック