「動物園から神の王国へ」2015年12月08日 16時40分15秒

 去年の12月の終わりに、「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」のPDF版を今年の秋に出すと書いたあと、データをパソコンに入れたままの状態だった。今年の秋になって、「ああ、そういえば、もう秋だ。PDF本の準備をしなくては」と思いながら、なかなか作業をする時間がとれず、フランスから帰国して、今年ももうすぐ終わることに気がついた。なんとか2015年内に出したいと思い、ようやく販売の準備ができました。

本書を書き始めたのは、たぶん(もう自分でも記憶が定かではないが)2000年の頃だったと思う。「『人をめぐる冒険』の続編は書かないのですか?」と、たまにきかれることがあって、「書き足りなかったことを、続編に書くのもいいか」と思いたち、書き始めたのが、「地獄の始まり」(苦笑)だった。

最初は順調に書いていたのだが、2001年~2006年頃、極度の精神的肉体的不調に襲われて、書く気力、出版する気力がなくなり、もうどうでもいいような気になってしまった。何年もほったらかしの状態で、それでもなぜか、たまにまれに書く気力が突然わいて(そして、またすぐに気力がなくなって中止)、そんなことを繰り返して、それでもなんとか時々書き続けて、ほぼ完成したのが2008年頃だった(ような気がする)。

そのあとは、何かと忙しくて、編集・校正ができず、ようやく最終的編集作業にかかったのが数年前で、そして、やっと完成に至ったというわけだ。実質書いていた時間は数年間くらいである。本書に関していえば、15年間、ずっと「葛藤状態」、つまり、前にも進めず、かといって、やめる(手放す)こともできず、書くのも苦痛、やめるのも苦痛というような苦痛をずっと引きずっていた感じだった。
 
やめる(手放す)ができなかったのは、たぶん、私がこの三部作に登場させた登場人物たちのせい(というか、おかげというべきか)である。小説ではないけれど、いったん登場人物たちを作ってしまうと、彼らは生き始め、表に出ることを要求する(ようだ)。本書が完成したのは、地獄の季節をともにした同志である彼ら(登場人物たち)の励ましと要求のおかげでもあろう、と思っている。


本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

以上の三部構成である。実はこの三部は、本当は別々の本にしてもいいもので、お互いにそれほど関連はないし、独立して読むこともできる。簡単に各部の内容をご紹介すると、

1部 21世紀末、ハドララ共和国という架空の国の大学教授が、なぜ人類がこれほど性と暴力に取り憑かれているのかを、人類の進化と歴史の観点から、夏期講座で、一般向けに講演する。人類の現状、特に性と暴力の問題を、生物進化論から考えるというのがその大まかなテーマである。

2部 不治の病におかされた元詐欺師が、10年あまりスピリチュアルな探求をし、死ぬ前に他の人たちのために自分の理解を書き残し、その中で、「なぜスピリチュアルな世界では、相互に矛盾したことが教えられているのか?」、「人と人はなぜ理解し合うことが困難なのか?」を、「自分をめぐる様々な観念」と知性の質の違いという切り口で解明を試みる。スピリチュアルなテーマというより、どちらかというと、コミュニケーション論 として読まれるほうがいい内容。「人をめぐる冒険」の続編になるのが、2部である。

 3部 若い頃、家庭を放棄して、10年ほどスピリチュアルな探求をしたコバヤシ老人は今はごく普通のおじさんになって、奥さんと仲良く暮らし、時々「ド・アホの会」で、暇つぶしに若い人たちと スピリチュアルなバカ話をするのを余生の楽しみにしている。そんなコバヤシ老人とその仲間たちがスピリチュアル系のバカ話をえんえんと展開するという内容。(もし自分の近所にこういうおじさんがいて、いつでも話に行って、バカ話ができたら楽しいだろうなあ、という私の想像からコバヤシ老人は生まれた)


本としては難産だったけれど、内容的には、特別な知識がなくても読めるように、できるかぎりわかりやすく軽く書いたつもりなので、(アドヴァイタ系の難解な本を読む合間に)食後のデザート用の本として、娯楽本として気楽に読んでいただければ、と思っている。

なお、本書のほとんどの内容は、10年以上前に書いたので、書いた本人自身が、本の内容をかなり忘れていて、今読み直してみると、「こんなことが書いてあったのか!これってどういう意味だろう?」(笑)という箇所がところどころある。なので、万一、本書の内容について質問されても、もう著者にはたぶん答えられません……

それでは、皆様、今年はこれで終わりにします。来年は2月頃から再開します。楽しいクリスマス、お正月をお過ごしください。


 [お知らせ]

「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウン
ロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)
に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、
Twitter、楽天のアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払
い、クレジットカード、Paypal、その他)。なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいと
いう人たちもいると思い、縦書き版と横書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ペー
ジ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。


購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください。
 http://www.dlmarket.jp/

「動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107
 
「動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます
 
DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251

「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294
 
「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975

*上記MP3無料試聴版は下記よりダウンロードできます。

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場試聴版」(無料)
http://1drv.ms/1lKRZcr
「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場試聴版」(無料)
http://1drv.ms/1g9oRdI

*上記MP3ファイルの詳細な内容は下記へ
http://www.simple-dou.com/CCP010.html
 
*旧マホロバアート社の本・DVDで、在庫のある本、DVDは、引き続きシンプル堂で
販売いたします。

  シンプル堂
   http://www.simple-dou.com/details1.html



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック