非二元の教えには本当はグルや先生はいない2019年03月24日 16時40分12秒

「頭がない男-ダグラス・ハーディングの人生と哲学」発売されました。

*定価:本体価格2,500円+税

*版型:B5版(フラカラー)183ページ

*発行:ナチュラルスピリット


*目次詳細  (原書には目次がないですが、読みやすくするために、日本語版にはつけてあります)


*アマゾン社の広告
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512981


最近、私のことを「先生」と呼ぶ人が増えて困惑している。私は「私とは本当に何かを見る」会やその他の会を主催している主催者(オーガナイザー) にはちがいないが、自分を「先生」だと思ったことは一度もない。

他の人たちが私をどう呼ぶかは、それぞれの人の自由だし、どうでもいいことにも思えたので、今までは放っておいたが、最近やたらにそう呼ばれることが多くなったので、これは一言書いておいたほうがいいかと思ったしだいだ。

非二元の教えにおいては先生やグルは本当はいない……

一つ目の理由は、非二元の教えの根本は、本質的には「私はあなただ」(主体と対象の融合)であり、よって私はどんな「あなた」とも対等で平等である。これは人間のマインドが好まない真実だが(なぜなら、マインドは階級制度を愛しているからだ)、非二元の教えを生きるとは、私の理解によればこの認識を生きることである。グル‐弟子、先生‐生徒という観念を作ってしまったとたん、そこに微妙に上下関係が生まれるのは避けがたい。

二つ目に、ダグラス・ハーディングが言うように、「私とは本当に何か?」に関して、自分以外に権威者はいず、自分よりも「私とは何か?」についてよりよく知りえる外部の人はいない。ダグラス・ハーディングはいつも言っていた。「私は、ただどこを見ればいいか、その場所を皆さんに案内しているだけです。今日、私は旅行ガイドです」

「旅行ガイド」 という言葉は、彼がワークショップで、時々冗談ぽく使った言葉だった。

それから彼がまたしつこく言ったことは、「見者には階級がない」ということである。「私とは本当に何かを見る」ことは、「今、ここしか」ないので、これを長年見ている人も、この実験の開発者で誰よりも長い経験をもっているダグラス・ハーディングも、今日初めて「私とは本当に何かを見る」人も、「見る(認識する)」ということに関して、毎瞬が初心者であり、だから、マスター(よくできる人)、古参弟子(長年見ている人)、初心者(今日初めて見た人)というような区別がありえないのだ。

ダグラスはスピリチュアルに関しては、インド的グル‐弟子、教師‐生徒の観念を嫌っていたし、多くの人がグルのところで行き詰まっている、つまり、グル‐弟子、教師‐生徒関係は、「私とは本当に何か」に一人一人が目覚めることの障害になりうると強く思っていた。万一誰かが彼を「先生」とか呼んだとしたら、彼はこういう原則には頑固な人だったので、たぶん不機嫌になるか怒ったことだと思う。

だから、ダグラス・ハーディングのワークショップには、階級も達成も、グルも弟子も、先生も生徒もいないので、いつも自由で開放的な雰囲気があり、それが私にはとても心地よかった。

彼は自分のところへ来るあらゆる人を「友人」と見なし親切だったし、もちろんみな彼を敬愛し尊敬してはいたけど、誰もが友人として彼と付き合った。彼はいつも普通だった。天才だったけど、一方で普通。キャサリンがお葬式で読み上げた詩の中にあるように、彼は誰のことも「自分より上とも下とも見なさい」という非二元の純粋な認識を生きた人だ。

「見者」には階級がない――私もダグラス・ハーディング同様に先生―生徒という観念を好まない。そして、もし皆さんが非二元の教え、特にダグラス・ハーディング、ラメッシ・バルセカール(とニサルガッタ・マハラジ)の教えに関心があれば、その人たちは全員が友人、同志であり、だから、会などで集まったときは、ダグラスやラメッシが長年そうしたように、本質、知恵、知識、経験、その他を「分かち合う」仲間である。

「先生」という呼称に話を戻すと、この言葉は実に便利な言葉で、日本では、教師だけでなく、作家、医者、弁護士、政治家、その他、人前で話す人たちに呼びかけるときに、大した意味もなく一般的に使われる。

しかし、言葉はそれが固定すると微妙にそこに上下関係という実体を作っていくのも事実で、世俗的な場所ではまあいいとしても、ことスピリチュアル、特に非二元の教えにおいては、弊害・障害をもたらす可能性のほうが大きくなると、私も感じている。

ということで、そう呼ばないとどうしても気分が悪いという人以外、これからは私のことを「先生」と呼ぶのは、できればやめていただきたいというお願いです。


〔イベント〕
2019年4月7日(日曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(東京都新宿)
予約・詳細は下記へ

[シンプル堂電子書籍・音声ファイルの販売につきまして]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していましたDlmarket が
営業を終了しました。当面、下記電子書籍、音声ファイルの販売はシンプル堂で行います。
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。


現在販売中の商品

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(本体価格 1500円)(453ページ)
  
試読版無料ダウンロード
 https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGHyMMb0_abLPm5o

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(本体価格 1500円) (367ページ)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGKu2I9d9br7-3XS

「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGME_pCKQUY5J-3j

「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGQOyvyjpR4C9wkD

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格 1,000円)
試読版無料ダウンロード
https://1drv.ms/b/s!Ai3TZmJC9gNJhGXevb9snCq6Ds7L

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格  2,000円)

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格 2,000円)
東京会場試聴版無料ダウンロード

京都会場試聴版無料ダウンロード

 
[お知らせ]

ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html



カルマなんて、ない!ただ、ポンです(笑)2019年03月16日 07時48分10秒

「頭がない男-ダグラス・ハーディングの人生と哲学」発売されました。

*定価:本体価格2,500円+税

*版型:B5版(フラカラー)183ページ

*発行:ナチュラルスピリット


*目次詳細  (原書には目次がないですが、読みやすくするために、日本語版にはつけてあります)


*アマゾン社の広告
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512981


先日、カルマについて私が書いた内容について、「カルマなんてない、と断定するべきだ」というコメントをいただいた。

では、ご要望にお応えして、本日は、「カルマなんて、ない」と、断定してみよう。

カルマとは、別の言葉で言えば、因果律だ。平たく言えば、時間世界での原因と結果である。だから、カルマの話は、時間世界(物語世界)が現実のものと想定し、その中に個々の人間物体がいるものと想定することによって、成立することができる。

たとえば、
皆さんが今、タブレット、スマホ、パソコンの画面上でこれを読んでいるとして、誰かが「このパソコン(スマホ、タブレット)を、どうやって手に入れたの?」 と質問するなら、皆さんは記憶を作動させて、こう答えるはずである。「ああ、これは、○○の時に、××の店で、△△の値段で買ったものです」

自分が○○の時に、××の店で、△△の値段で買った(原因)⇒今ここに、これが存在している(結果)
 
あるいは、
私は○○年に生まれた(原因) ⇒だから、私は今ここに存在している。(結果)

あるいは、
自分にひどいことが起きて、その原因を考えたら、「そういえば、若い頃、人にひどいことをした(言った)」という思考がわき起こって、「これはカルマなんだ」と納得したとしよう。

自分が昔ひどいことをした(原因) ⇒今日、自分にひどいことが起こった(結果)

しかし、究極を言えば、今述べたことは、「虚構(物語)」  である。

究極の観点では、あらゆる現象が存在するのは、「私は在る」からだ。
 
パソコン(タブレット、スマホ)  が今ここにあるのは、「私は在る」からだ。
苦痛を感じるのは、「私は在る」からだ。ついでに言えば、「私は在る」から、「それは昔のカルマ」だという思考が起こる。しかし、思考と現象は究極の観点からはまったく無関係である。

私は在る」という意識が毎瞬、 五感の機能と思考・感情活動として現れているだけである。

先日、大阪の会に参加された方が、自分の体験から、「起きていることと、思考はまったく無関係だということに気づいた」という非常に啓発的な話を披露してくださった。

たとえば、
朝目覚めたら、胃のあたりに痛みがあったとしよう。すると記憶が作動して「ああ、昨晩、食べ過ぎたからだ」という思考がわくとする。すると自分の中で、「昨晩の食べ過ぎ」と「今朝の胃痛」の間に因果関係を創造する。
 
「食べ過ぎ」⇒痛み⇒思考・感情⇒(薬を飲む)などの行動⇒「これからは食べ過ぎに注意しよう」という思考。
 
⇒は、時間世界の中では因果関係を表し、もちろん二元的人間次元(物語次元)ではそう解釈するのが正しいが、しかし実際は、痛みも、思考や感情も、行動も「独立」して、ただ、ポン、ポン、ポンと、起こるだけだ。「独立して」という意味は、「因果関係なく」という意味である。

そして、一番重要なポイントは、この ポン、ポン、ポンに個人はまったく関わっていないということである。なぜなら、個人は本当は存在していないからだ。だから、存在していない個人が、そもそも個人的カルマなどもちようもないのだ。

この話を一番わかりやすく理解するための例をあげるなら、
テレビドラマのある場面で、登場人物たちが過去の出来事について話し合っているとしよう。俳優たちは実際に出来事を経験していないにもかかわらず、登場人物としてはまるで過去があったかのように、決められたセリフをポンポン話す。

私たちが日々やっていることもそれに似ている。ちなみにシンプル堂という登場人物はカルマを信じ、同時に否定するという中途半端な役割を日々演じている(愚)。

本当は、世界はただ、ポン――「これからは、世界はポン、で行きましょう」という結論に、大阪の会の三次会は盛り上がり、私もとても楽しませてもらった。
 
無苦集滅道――苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制することも、苦しみを制する道もない(岩波文庫版「般若心経」より)


〔イベント〕
2019年4月7日(日曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(東京都新宿)
予約・詳細は下記へ

[お知らせ]

ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 
















「頭がない男」―ダグラス・ハーディングの人生と哲学2019年03月03日 08時40分42秒

大変長い間お待たせしていましたが、ダグラス・ハーディング・グラフィック伝記――「頭がない男―ダグラス・ハーディングの人生と哲学」がようやく発売間近になりました。書店等に出まわるのは、3月中旬からの予定です。
 
*正式タイトル:「頭がない男」-ダグラス・ハーディングの人生と哲学

*著者:脚本―リチャード・ラング  挿画―ビクター・ラン・ロックライフ

*定価:本体価格2,500円+税

*版型:B5版(フラカラー)183ページ

*発行:ナチュラルスピリット


*目次詳細  (原書には目次がないですが、読みやすくするために、日本語版にはつけてあります)


*アマゾン社の広告
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512981



昨年、本書については、おおかた説明したので、今日は、家庭人としてのダグラス・ハーディングについて少しふれてみよう。

伝記を読むと、彼は最初の結婚生活では、夫と父親としての義務は果たすが、仕事と自分の本、そして「私とは何か?」の研究に没頭して、家族とあまり感情的に関わらなかったという印象がある。

ダグラスは、おじいちゃんとか友人としては楽しい人だけど、夫や父親としてはけっこう気難しく、偏屈だった感じがあり、彼が最初の妻と子供たちにあまり好かれなかったのも、なんとなくは理解できる。一日中、ほとんど書斎に閉じこもって、自分の関心だけに熱中している夫や父親なんて、確かに子供や妻の立場からすれば、「なんだ、この夫(父親)」(笑)ということになってしまうことだろう。

それでも最初の妻は、彼の哲学に理解も共感もしなかったが、彼が何かに取り憑かれていることは理解し、経済的には自分も働いて、彼を支えた。彼は「天と地の階層」の本を最初の妻に捧げている。

それに対して、キャサリンとの結婚生活は、彼女が彼の哲学と情熱をよく理解し共感するという土台があったため、彼女の存在は、彼の人間としての生活に潤いと喜びを与えた。私はキャサリンと出会う前のダグラスを知らないが、彼を長年よく知る人たちはみな「ダグラスは、キャサリンと結婚して変わった」という話をしていた。それはたぶん、いい意味で、感情的になったということだと思う。

彼がワークショップのとき、My wife, Catherine (私の妻、キャサリン)と言うたびに、その言葉にものすごい愛情と喜びが込められているのを私はいつも感じたものだ。「ああ、彼は彼女と出会ったことを本当に喜んで、感謝しているんだ」と、私もうれしい気持ちになった。

ただ、あらゆる結婚生活が幸福なだけではないように、彼らの結婚生活も大変な面は多々あっただろうとは想像できる。「老いらくの恋」といえば、美しく聞こえるが、イギリス人とフランス人はけっこう気質も文化も違い、しかも20歳の年齢差、しかも、お互いに自分の確立したライフスタイルと価値観をもっている人たちである。

私が何度か、彼らの自宅を訪れたとき感じたことは、二人がこの結婚生活をとても大切に思い、そのためにあらゆる努力をしているということだ。

彼が車椅子生活になってから、印象に残っている思い出がある。彼が94歳くらいのときのことで、その頃、キャサリンはダグラスが再び歩くという希望をまだもっていて、そのため、ダグラスに毎日歩く練習をさせていた。私も、彼らの家に滞在していた間毎日、一緒に公園まで車で行って、少しお手伝いをしたものだ。

ダグラスは、子供が歩く練習をするように、キャサリンに言われるままに、一生懸命取り組んでいた。「俺はもうこんな練習はしたくない」とか、「もうリハビリなんてしてもムダ」とか、内心では思っていたかもしれないが、彼はキャサリンの前では絶対にそういった愚痴は言わず、いつも全力で歩く練習をしていた。

いつも、今ここの、目の前のことに全身全霊を捧げる――最後までこの点は彼は変わらなかったし、加えて、キャサリンの夫として、キャサリンを失望させてはいけないという自覚もあったと思う。

彼のお葬式に、キャサリンが読み上げた詩がある(下記に一部引用)。


 あなたは、気高く、聡明で、自分の霊的経験を分かち合うという「使命」に、ユーモアと比類ない誠意をもって、心から献身しました。

でもたぶん、私があなたを何よりも賞賛するのは、その天才的才能にもかかわらず、あなたは決して他人に対して力をふるおうとはせず、また自分のことを、他人よりも上だとかすぐれているとは、決して思わないことでした。

あなたの人間としての人生の最後の週の間、あなたの私へのメッセージは、「信頼すること!信頼すること!信頼すること!」でした。

あなたが、私と他のみんなに書き残してくれたメッセージが、壁の上で輝いています。
「もしあなたの目が単一なら、あなたの体全部が光で満ち、暗い場所はなくなるだろう」
「自ら与える愛が、世界の背後のパワーである」

ありがとう、ダグラス。 私と世界中の何千人の友人たちと分かち合ってくれて。
ありがとう、ダグラス。 あなたは私たちに、遺産、貴重な真珠、宝、究極の解放――私たちが本当に本当に何かというヴィジョンを――残してくれました。

最後に、「今、高貴な心の方が消えてしまわれました--おやすみなさい、愛しい王子様よ。あなたが心安らかにお休みできるように、天使の一団が、見守ってくださいますように」


私はこの詩を読むと今でも涙が出る。 「気高く、聡明」そして、付け加えれば、子供のような無邪気な感性をもっていた人。

さて、皆さんの中にはこれまで私が書いた「頭がない男」の本の紹介を読んできて、こう思った人もいるかもしれない。「シンプル堂さんがとても詳しくダグラス・ハーディングの教えと生涯について書いてくれたので、グラフィック伝記は買わなくてもいいかな」(笑)

しかし、そうではないですよ、 皆さん!

私自身は活字派の人間で、映像やヴィジュアル表現の分野にはまったく疎いが、それでもヴィジュアル表現には、活字による説明にはない強烈なインパクトがあることを理解している。特に今回イラストを担当したビクター・ラン・ロックライフのイラストには心から驚き、感銘を受けた。

リチャードとビクターの情熱と理解と才能、そして二人のダグラスへの愛情が素晴らしくうまく絡み合って、見事な作品に仕上がってる。(さらに、日本語版には、原書にはない目次や注を加えて、日本の読者のための便宜をはかってあります)

フルカラー版なので、値段高めで申し訳ないですが、お小遣いをためて、ぜひ買っていただければ、ありがたく思います。


[イベント]
2019年3月9日(土曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank064.html

2019年3月10日(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」(大阪府茨木市)


下記の予約申し込みは3月12日からです。
2019年4月7日(日曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(東京都新宿)
[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 



カルマ(3)2019年02月26日 08時59分23秒

前回と前々回、カルマに関して、私が今までの人生で経験したり、学んだことを自分に納得できる範囲で書いてきた。

しかし、カルマの話題は実は膨大で複雑で、本当のところ、よくわからないというのが正直なところだ。たとえば、何かが起こって、「そういえば自分は昔、こういうことをよく考えていたなあ」と過去の思考と現在起こったことの因果関係に納得することもあれば、「どうしてこんなことが起こるのだろうか!」  と、どう考えても過去との結びつきを見つけられないこともある。

あるいは、いわゆるよいことにしろ、悪いことにしろ、他人(親とか親族とかその他の人間関係)のカルマを刈り取ったように見える場合もある。反対に自分が撒いたもの(自分のカルマ)を他人が刈り取ったように見える場合もある。

さらに、中には前世からのカルマについて気にする人たちもいる。人に前世があるのかどうかも複雑な議論である。前世かどうかはさておくとして、私が納得していることは、人はまっさらな状態で生まれてくるわけではなく、非常にたくさんの過去の影響をすでに背負って生まれてくる、ということである。
そのたくさんの過去の影響には、たとえば、親や先祖からの遺伝もあるし、もって生まれたその人特有の観念もある。

もし私たちが注意深く自分の思考や感情を眺め、さらに自分の思考や感情の底流にある生まれもったコア(格)な観念を突き止めることができれば、その観念がどれほど自分の人生の流れに影響しているかが理解でき、自分が歩んできた人生に納得できると思う。

そのコアな観念は、否定的だったり、肯定的だったり、崇高だったり、滑稽だったり、悲劇的だったりする。
このように私は皆さんに、自分の思考や感情、コアな観念を調べるようにたいていはお勧めしているが、しかし、注意すべきことは、その行為そのものがストレスになるべきではない、ということだ。ときには、こういうことを始めると、自分の考えることや感じることが一つ一つ気になったり、こんなひどいことを考えていると、将来それが起こってしまうかもしれないなどと心配したりして、かえってストレスになる場合もある。そうではなく、科学者や探偵のような興味と情熱をもってやれば、人間物体としての自分の複雑さや滑稽さに驚くことだと思う。

そして、カルマについて最終的に思うことは、ある程度理解したら、それ以上はあまり気にしないほうがいい、ということである。。現象世界によいことにしろ、悪いことにしろ、何かが起こる――究極的にはそれは「神の意志」なのだ。もし「神」と言う言葉が好きでなければ、「全宇宙の意志」と言い替えてもいい。

インドの賢者ラマナ・マハルシは、「私が右手を上げるときも、それは神の意志ですか?」  と尋ねられて、「その通りです」と答えている。

物理学でさえ、私たちが何かの力(たとえば、右手を上げるときに感じる空気抵抗)を感じるとき、「そこには宇宙空間の全物質からの影響」があるという考えを紹介している。
(「宇宙を織りなすもの」(上)ブライアン・グリーン著参照)

宇宙空間の全物質からの影響(!)、である。 私が右手を上げるという平凡な行為をするときに、宇宙空間の全物質からの影響があるなんて、それを聞いて、何か安心というか、荘厳な感じがしないだろうか?
毎瞬、神の意志、宇宙の全物質の意志が粛々と行われていて、私たち人間のちっぽけな個人的意志など、どうあがいても対抗すらできないのだ。

ダグラス・ハーディングが言うように(ようやくグラフィック伝記の発売が近づいてきました)

自分の個人的自己を深く明け渡すことが突破へと導く。
受動的に現在の瞬間を受容することから、今それを積極的に
意志することに変わるのだ。  (「伝記」より)

ただし、ダグラス・ハーディングにしても、この達観に到達するのに、最初の目覚めの体験から40年近くもかかっている。

ここで、彼の言葉、「突破」(breakthrough)は注目に値する言葉だ。

私の解釈によれば、その「突破」の意味とは、人間的カルマの条件付けを超えるという意味でもあると思う。
それは具体的にはどういうことかといえば、人間としての小さい私たちは誰もが条件づけられ、限られた能力、限られた資源しか持ち合わせていない。しかし、私たちが神の意志に明け渡すとき、神の知恵、神の資源とつながるということであり、必要なときはそれらが源泉(神から流れてくるということである。

そして、最後の最後に……いつも書くように、「人生万事塞翁が馬」、よいことは悪いことに変わり、悪いことはよいことに変わる……であれば、「カルマなんて誰が気にするもんか!?」――気にするのは、小心者の鏡の中のあの人(笑)、です。



[イベント]
2019年3月9日(土曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank064.html

2019年3月10日(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」」(大阪府茨木市)


[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 
 


カルマ(2)2019年02月13日 09時48分39秒

1.身業(しんごう)…体で色々やること。
2.口業(くごう)…口で色々しゃべること。
3.意業(いごう)…心で色々思うこと。

前回、 上記のような仏教の教えによるカルマの分類をご紹介した。  その仏教でいう2.口業(くごう)と3.意業(いごう)に関して、私が昔から「なるほど」と思っていることがある。

それは、自分の想いを心の中に留めておくことができず、他人の悪口だろうと、自分の意見だろうと、言いたいことだろうとズケズケ言う人たち、いわゆる「気の強いおしゃべりな人たち」のほうが、案外意業をためず、そのためその影響も受けにくいようだ、ということである。

反対に、物静かで、決して自分の意見をいわず、他人の悪口も人前では言わず、他人の言うことに決して反論しないような人たち(として通っている人たち)のほうが、発散しない分だけ、心の中で蓄積される意業が重くなるようである。

そして不思議なことに、口業(くごう)を一番ためてそうな政治家はほとんどその影響を自分自身には受けないように見える。(政治家のまわりでは影響を受けている人はたくさんいるかもしれないが)

彼らの他者(他国)への批判や悪口は非常に軽く、つまり、心からのものではなく、「昨日の友は今日の敵、今日の敵は明日の友」の世界を生き抜く戦略であり、ほとんど誰もまともに受け取らない。しかも、鈍感力の人種なので、自分の言動に罪悪感をいだくことも、人に嫌われ、憎まれることも平気な人たちである。

だから、トランプ大統領もプーチン大統領も習近平国家主席も金正恩委員長も、そして安倍首相もみんな元気である。安倍さんは最初に首相になったときは、ひ弱かったが、スキャンダルを生き延びた余裕からか、すっかり政治家らしい厚顔も身についてきた。

トランプ大統領は昨年末、議会で自分の意見が通らないとゴネて、政府機関の一部を閉鎖し、百万人の職員を無給の自宅待機(アメリカの国家公務員は自宅待機のときは無給らしい)にさせた。しかし、そのせいで生活が困窮した百万の人たちから飛んで来ただろう憎しみの矢など、全然感じていないようで、相変わらず元気いっぱいである。彼の場合は、言葉は炎上商法の武器であり、そうやって世界から自分への関心をかき集めることに彼の情熱がある(Me First=自分一番主義の典型的な人である)。

日本では麻生(失言)大臣が、昔から女性への蔑視発言を繰り返しているが、彼も批判など一切気にせずを貫いて、いつもお元気そうである。
 
政治家から見習うべきはをあの鈍感力(笑)だなと、気が小さい私は常々思うのだ。

さて、その一方で、心から信じる信念ゆえに言葉が重く、そのせいで口業と意業をためやすいのが、宗教系の人たちである。瞑想・黙想などの修行し、戒律(道徳)を守り、沈黙を知るようになると、人の想い(念)はある種パワフルになる。政治家の人たちとは違って、利益で結びついたり、離れたりするわけではなく、純粋な信仰で結びつく人たちは、よくも悪くも人間関係に対して激しく、嫌悪や憎しみも徹底している。

ダグラス・ハーディング・グラフィック伝記」(発売時期と正式タイトルまだ未定です)にダグラス・ハーディングが両親の宗教を脱会するときの様子が描かれている。人生を宗教的信仰に捧げてきた父親が、溺愛していた息子に裏切られた苦痛と憎しみから、息子であるダグラスに「お前がこの宗教を脱会するくらいなら、殺人でも犯してくれたほうがまだましだ」というようなことを言い放つのである。普通いくらなんでも、自分の息子に言う言葉かと思うけど、それが宗教的な人特有の激しさなのだと思う。

この間読んでいた「親鸞(完結編下)」(五木寛之著)でも、自分の教えを逸脱して教えているという理由で、激怒した親鸞が息子を勘当する場面がある。 親鸞もまた非常に激しい人だったようだ。

人を愛し、許すことを教える宗教が、反転すると激しい怒りや憎悪となるのは、奇妙な矛盾であるが、宗教やスピリチュアルな場ではこの手の話は山ほどある。

 では、政治系でも宗教系でもない(政治系と宗教系の方々はこのブログを読んでいないと想定している)私たち普通系小心者が口業と意業の悪しき影響をできるだけ少なくするために(影響をゼロにはできないが)、できることは何だろうか? 

日常で実践するべきことは、中庸の道、つまり、必要なことは言い、必要じゃないことは黙り、何かや誰かのへの嫌悪や憎しみを蓄積せず、自分の言動に罪悪感をもたず、自分でどうにもできないことは潔くあきらめる(笑)くらいだ。でも何もしゃべらないでいるのもストレスがたまる(特に女性の場合)ので、もし可能なら、自分の愚痴をたまに聞いてくれる人(友人や親族、カウンセラーなど)をもつのもよいことであろう。

しかし、実は自分のマインドの奥深くに隠れている何かや誰かへの嫌悪や憎しみに気づくのは案外難しいことだし、さらにその背後にある観念に気づくことはもっと難しい。「自分がこれ(この人)を嫌って(憎んで)当然」という強固な観念があるとき、その嫌悪や憎しみを手放すことは難しい。自分の世界に誰かや何かが出現して、それが表面に引っ張りだされるとき、初めて自分の中にある根深い嫌悪に気づいて、驚くことがある。

こういう話をすると、なかには、「何かや誰かを嫌ってはいけませんか?」と尋ねる人がいる。もちろん、その答えは、「嫌ってもかまわない」(笑)、である。 前回も書いたように、そもそも私たちのマインドは好き・嫌いの運動を免れない。人による違いは、その一瞬わき起こったものを掴んで振りまわすかどうか、どれだけ長く振りまわすかだけである。もし嫌悪や憎しみ、あるいは罪悪感の感情に長々浸るのが好きなら、それも自由だし、実際、誰かや何かを嫌うことを喜びとする人たちも世の中には多くいる。

これはとても面白い実験だから興味がある人はやってみるといいと思うけど、「ああ、これ(この人)はイヤだイヤだ」と毎日何かや誰かに対して強く思い続けていたら、イヤな出来事は減るのか増えるのか、イヤな人はイヤな人でなくなるのか、あるいはもっとイヤな人になるのか、あるいはもっとイヤな人や出来事に遭遇するのかどうか…… 


[イベント]
2019年3月9日(土曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank064.html

2019年3月10日(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」」(大阪府茨木市)



2019年2月24(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」(東京) 予約受付終了しました



[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 





カルマ(1)2019年01月31日 07時29分41秒

たまに、「カルマって、あるんですか?」とか、「カルマって、何ですか?」というような質問を尋ねられる。スピリチュアルな探求者の方々は、その人がどんな種類の教えの元で学んでいても、私も含めてたいていカルマの話題に関心をもっている。

まず、「カルマって何ですか?」への私の答えは、「人間肉体精神器官が行なったことの影響」というものだ。もっと平たく言えば、「人間物体としての自分が行なったことの影響が、戻って来る」というブーメランのようなものだと思えば、わかりやすい。

そして、「カルマって、あるのですか?」への答えは、「イエス」である。人間肉体精神器官にはカルマがある――私がそう言うのは、本からの知識と人生経験からの両方から来ている。

仏教ではカルマを「業(ごう)」と呼び、次の三つに分類するそうだ。(という話を、先日参加したある仏教の講座で教わった)

1.身業(しんごう)…体で色々やること。
2.口業(くごう)…口で色々しゃべること。

3.意業(いごう)…心で色々思うこと。

上記の1と2については説明もいらないと思うし、スピリチュアルな探求をしていない人たちでさえ、身体を通じた行為、言葉による行為の善悪をよく知り、(自分がしたことが自分に返ってくるという意味の)因果応報とか自業自得などという仏教系の言葉は庶民レベルでもよく使われている。

問題は、3の「意業(いごう)…心で色々思うこと」で、スピリチュアルな探求を始めて、人はようやくこのレベルを意識する。自分のマインドの中に日々、毎瞬、どんな思考や感情が湧き起っているかに気づくことは、それそのものが大変な修行で、瞑想である。

1と2のレベルでは善人でとおり、自分でも善人だと思い込んでいる人たちの中に、3のレベルでは憎しみ、悪意、嫌悪、優越感、劣等感、プライド、罪悪感、嫉妬、いわゆる負の意業を蓄積している人たちが世の中には非常にたくさんいる。というより、自分のマインドに気づかないかぎり、誰でもこういった無意識の負の感情の奴隷になってしまいがちである。

このレベルのカルマはどう作用するかと言えば:

たとえば、自分の世界にあるもの、自分が日々目にするもの(家族、隣人、同僚、仕事など)を嫌いながら、憎みながら、生きているとすれば、その嫌悪や憎しみは自分への「攻撃」となって将来戻って来る可能性が高いということだ。ここで「可能性」という言葉を使うのは、そういったカルマの法則は絶対ではないし、必ずしも本人に戻ってくるわけでもないからだ。

ただ、今言ったことは、私自身の経験からも、そしてある程度長い期間(数十年くらい)知っている人たちの人生を眺めて、おおむね確信したことである。

世の中には、「自分はこんなに善人で、他の人のために尽くしてきたのに、なぜ他の人から、家族から親切にされないのか、なぜ自分はこんなに不幸なのか?」と嘆いている人がいる。不幸とまではいかなくても、不満を抱いている人はさらに多くいる。私にも高齢のそういった知り合いの方がいる。長年一生懸命家族のために働いたあげく、高齢で家族との不和はお気の毒な感じなのだが、たぶんその方の心の中の長年の意業の影響かもしれないと私は想像している。

先日読んだ新聞の悩みごと相談に、「夫が大嫌い」という中年の女性の投稿があり、「子供のために夫からのパワハラに耐えているが、どうしたらいいか」という相談であった。回答者の社会学者の上野千鶴子さんは、「母が受けている面前DV(家庭内暴力)は子供への虐待である」と言い、子供のためにも別居を勧めている。

カルマの観点で言えば、この女性がこれからもパワハラに耐えて表面的には善き妻、善き母親を演じるとしても、「夫が大嫌い、夫が憎い」という意業の蓄積は、自分と子供に将来逆風となって、戻ってきて、「子供のために頑張ったあげく、どうして私はこんなに不幸なのか」と嘆く羽目になるだろうと予測できる。

別居あるいは離婚して頑張るのもそれは大変だろうけど、人を憎まずにすむ選択をするほうが、否定的な意業を蓄積するよりははるかによいことだろうと私は思う。もちろん、こういう場合、離婚・別居が問題解決のすべてではない。もしこの方が自分のマインドの中味に気づき、それを見ることができれば、そこに解決のヒントがあるはずだが、ほとんどの人はそうはしない。

話をカルマ全体に戻そう。カルマについて理解すべき第一のポイントは、「人はそれを止めることができない」ということである。いわゆるよいことにしろ、悪いことにしろ、人間肉体精神器官は活動するようにできている。身業(しんごう)と口業(くごう)のレベルでは、ある程度抑制というかコントロールもできる、つまり、できるだけ悪いことを慎み、人の悪口や批判は言わないように(笑)努力することもできるが、さて、意業(いごう)はどうやってもコントロールできない。

マインドの中で起こること(思考、感情、感覚など) は瞬間的に起こり、その多くは人間肉体精神器官の(生まれつきの、そして幼少期から今まで生きてきた環境からの)プログラミングによっている。

私たちのマインドは自分の世界にわき起こる物事の中で、好ましいと思う物事には執着し、好ましくないと思う物事は嫌悪し否定する、それがマインドの性質だ。 マインドとはそういうものなので、マインドをそうでないものに変えることはできない。

私たちにできることは、 マインドの中で起こることにただ気づき、 それを掴んで振り回して、増幅しないようにすることだけである。イヤなことが起きて、「こういうことは起こるべきでない」「物事はこうあるはずだ」「人々はこう振る舞うべきだ」 という一瞬の思考を掴んで振りまわせばまわすほど、「起こるべきでない」こととの闘いに消耗したあげく、「起こるべきでないこと」はますますしつこく居座り、私たちの気分は落ちみ、否定的な意業(いごう)を蓄積する。

パソコンは故障し、停電は起こり(数日前)、物事は予定通りにいかず、老化は進行し、数学の問題はほとんど解けず(笑)……私の世界も、そしてたぶんこれを読まれている皆さんの世界も日々練習(修行)材料には事欠かないはずである。

[吉田エリ様へのご質問の答え〕

申し訳ないですが、聖霊について書いた時点にまでマインドが巻き戻らないので、私の解釈と吉田様の解釈が同じかどうか、正確にはわからないです。一般的にこういった宗教的・形而上学的疑問、質問は、自分が納得・確信するかどうかだけが問題で、他の誰かの解釈と同じかどうかはあまり気にされる必要はないのでは、と思います。

[イベント]
2019年3月9日(土曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank064.html

2019年3月10日(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」」(大阪府茨木市)
2019年2月24(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」(東京) 予約受付終了(キャンセル待ちのみ受付)


[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 



 



鯖缶の思い出2019年01月17日 09時11分50秒

皆様、明けましておめでとうございます。今年も気楽に気ままに、ブログを書いていきたいと思います。
お時間があれば、お付き合いください。

年末年始においしいごちそうをたくさん食べて(食べ過ぎて)、幸せ太りの中で今年最初のブログを書き始めている。

ものすごく久しぶりに食べ物の話を書いてみようと思う。

最近、スーパーへ買い物へ行くと、鯖の水煮缶が時々売り切れている。一つのスーパーだけじゃなくて、どこのスーパーでも。鯖缶、そんなに人気なのかと思っていたら、ネットに「国内の鯖缶の売り上げがツナ缶を抜いて、缶詰部門の一位になった」という記事が出ていた。

「やったね、おめでとう!鯖缶」と、ちょっとうれしい気持ちがわき起こった。別にツナ缶が嫌いなわけではないし、ツナ缶だって鯖缶と同じくらい好物なのだけれど、ただ鯖缶には、特別な思い出と思い入れが私にはある。

子供の頃、私の家ではめったに肉を食べなかった、というより財政的理由で買うことができなかった。当時まだ肉は高価だったからだ。卵だって今より高級だったから、それほど頻繁に食卓には出てこなかった。そんな中で、卵、肉より私には鯖缶料理を食べた思い出のほうが強く残っている。

母が料理雑誌から見つけた鯖缶レシピをあれこれ作ってくれ、私たち子供たちは母の作る鯖缶料理が大好物だった。

そしてその中でも、みんなが一番好きだったのが「鯖缶ハンバーグ」というレシピで、鯖缶に野菜(タマネギ、ニンジン、ピーマンなど)のみじん切りをただ混ぜて、フライパンで焼くだけの簡単な料理だ。いつ食べてもおいしかったし、中学・高校のお弁当のおかずにもよく入っていた。

そんなわけで、高校を卒業するまで、私は、ハンバーグとは鯖缶で作るものだとずっと思いこんでいた。私の家は外食をしない家だったので、世の中のレストランでどんな食べ物が提供されているのか、今でいうグルメ情報を私はまったく知らなかった。

大学生になって、生まれて初めて肉のハンバーグを食べた日、「ええ?ハンバーグって本当は肉料理なんだ!」と知って、自分の無知を恥じた。自意識過剰の当時は、自分の無知が発覚するたびに劣等感で気分が落ち込んだものだ。

鯖缶ハンバーグ――今でもとても好きなのだが、自分一人のときはめったに作らなくなった。その理由は、野菜のみじん切りが面倒くさい(愚)。でも母の家にいるとき、たまに作り、先日も久しぶりに作った。今は(財政的に昔より豊かになったので)、鳥肉のひき肉も少し加えるアレンジもしている。母に「お母さん、昔、これよく作ってくれたよね」と言うと、母は、「そうだったかね。よく覚えていないけど」と言いながら、おいしそうに食べてくれる。

思い起こすに、大人になってから、体の不具合・不調は色々多々あったし、不摂生の時代もありながら、この年までなんとか大病せずにすんだのは、子供の頃の鯖缶レシピを含む母の手料理のおかげでもあったにちがいないと私は確信している。

食生活に関しては母は私のグル(先生)だ。母は今は自分ではほとんど食事は作らなくなったが、「主食・おかず・野菜・果物(それにお菓子)などをバランスよく食べる」という食生活を今も忠実に守っている。

母の言うことをほとんど何一つ聞いてこなかったので、せめて食事くらいは母の教えを実践しようとはずっと思ってきたが、なかなか理想どおりにはいかない。「毎食ちゃんと作る」はけっこうハードルが高い。めざすは「シンプルでおいしく、自分の体に合う」食事を試行錯誤する日々である。

ちなみに私が最近よく作る超シンプル鯖缶メニューは、キムチ・鯖缶鍋というもので、ただ土鍋にキムチと鯖缶と木綿豆腐(と醤油を少し)を放り込んで熱くなるまで待つだけのものだ(最後に、ネギとチーズもあればたいていは入れる)。「キムチ・鯖缶・木綿豆腐」が嫌いではない方には、とてもお薦めの冬メニューである。(レシピの詳細はネットにたくさん出ています)



[イベント]
2019年3月9日(土曜日午後)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank064.html

2019年3月10日(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」」(大阪府茨木市)
2019年2月24(日曜日午後)「非二元の教えを生きる会」(東京)


[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。




*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 












デジタル嫌悪(笑)2018年12月15日 05時26分46秒

先日、突然パソコンが故障した。ネットで原因と修復方法を探しまくり、色々と修復を試みたけど、かなり重症(重体?)のようで自分では手に負えない状態なので、たぶん買い換えることになるだろうと思っている。

まだ5年しか使っていないし(と私は思うのだが、パソコン業界の常識ではきっと、もう5年も、なのかもしれない)、私はブラック企業ではないので、最大に使っても一日5時間以上使うことはほとんどない。普段は平均3~4時間くらいだ。「そんなに働かせていないし、データだって満杯になるほど入れていないのに、なんでなのよ?」とパソコンを前にして、半日くらいは憂鬱になった。

パソコン、タブレット、スマホなど、便利になりすぎて、もうそれなくては仕事も生活もできないようになっているのも憂鬱の原因だ。タブレットやスマホは、最近では餌(電気)をたえず要求するペットのように私は感じている。「え、また餌? さっきあげたでしょう」てな感じで、一瞬イラつく。

一年の最後に今年最大の「苦痛の配分」がやって来たかと、しばらくデジタル嫌悪になったあと、やっと「神の意志、謹んでお受けします」(笑)という気持ちが回復した。幸運なことに、一部の機能とネットが使えることがわかり、こうして今年最後のブログを書いているというわけである。

ただ不安定なので、突然、また画面ブラックとなるかもしれないので、今年はこれで終わりにします。

一年間読んでいただき、ありがとうございました。ご縁でお会いした皆様、シンプル堂の活動に様々なご支援と励ましを寄せてくださった皆様にも、心から感謝いたします。

では、皆様、楽しいクリスマス、年末年始をお過ごしください。来年は1月下旬頃から再開する予定です。

今後のイベント(予約は2019年1月下旬からの予定です)

2019年2月24(日)「非二元の教えを生きる会」(東京)
2019年3月9日(土)「私とは本当に何かを見る会」(大阪府茨木市)
2019年3月10日(日)「非二元の教えを生きる会」」(大阪府茨木市)
[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。

ヨドバシ電子書籍ストア
http://www.yodobashi.com/product/100000086600570472/

アマゾンサイト
https://www.amazon.co.jp/dp/B075R6PH31

楽天ブックス
 https://books.rakuten.co.jp/rk/90e1ffc82d4b3928a701c3809a4d4170/

*フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


*トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B074Z71W1X

 
*ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中。

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html 

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 



覚醒と病気2018年12月03日 16時37分22秒

 「神の実験室通信88号」の中で私が書いたことについて、少し前に質問をいただいた。
 
 (「神の実験室通信」のバックナンバーは下記に掲載されています)
https://archives.mag2.com/0001049042/
 
 どういう質問かというと、

その通信の中で私は、「自分の病気も治療できない人の覚醒は完全ではない。だから、癌で死んだニサルガダッタ・マハラジやラマナ・マハルシなどの覚醒や教えは完全ではない」という考えには同意しないと書き、それに対して私のその反論の詳細を聞かせてほしいというものだ。

正直なところ、ニサルガダッタ・マハラジやラマナ・マハルシ、あるいはその他のどんな賢者やスピリチュアルな先生の覚醒や教えが完全ではないとか、彼らは悟っていないとかいるとかという議論は、本当は私にはどうでもいいことなのだ。

でも質問をいただいたので、本日はあえて反論を書いてみようと思う。

まず、一般的な話として、「自分は絶対に病気にならない」とか「病気になっても絶対に自分の力(あるいは何かの力)で直す」 という超強力な信念を人がもつなら、たぶんそうなるのだと思うし、それは覚醒とはほとんど無関係な信念の問題だ。確かに強力な信念とか意志にはそういうパワーがある--これまでの人生で様々な人たちを見てきて、一般的にはそういう傾向があると思う。

しかし、こうも思うのである。「絶対に病気にならない」 とか「絶対に病気を直す」 という信念を聞くとき、「その信念を維持するにはかなりの努力が必要かも」と。

そもそも非二元・覚醒系の教えでは、「私は1個の肉体ではない」 が教えの基本であり、そうであれば、1個の肉体が病気だろうが、健康だろうが、あんまりたいした意味もないだろうし、病気だからといって、あるいは病気で死んだからといって、その人の覚醒が不完全だとか教えが不完全だということにはならない。仏陀は食中毒で死んだというのが定説であるが、であれば、仏陀は食中毒も治療できなかったので、彼の教えも覚醒も不完全だという話になってしまう。
 
非二元系の教えの「覚醒」の意味とは、人間と呼ばれている物体を病気にならないような完璧な物に仕立て上げることではなく、人や肉体というイメージや物体「からの目覚め」と言う意味である--少なくとも私はそう理解している。

「覚醒すれば肉体が病気にならないとか、病気で死なない」を突き詰めれば、さらにそれは肉体の不死への願望ともなり、驚くべきことに、「自分が強く信じれば、自分の肉体を不死にすることができる」という教えさえある。最近のことはよく知らないが、私が20代の頃、この種の教えが流行したことがある。ダグラス・ハーディングの「顔があるもの,顔がないもの」の本の中で、肉体の不死の教えに関する質問があり、ダグラスがそれに関して何と答えているかというと、「肉体の不死など、地獄である!」  というものだ。

特にニサルガダッタ・マハラジやラマナ・マハルシの病気に関して言えば、まずラマナ・マハルシは若い頃から肉体そのものにまったく無関心で、肉体を嫌っていたとも言える。ラマナの癌について、ダグラス・ハーディングが「存在し、存在しない、それが答えだ」の本の中で、ラマナの肉体無視のせいで、彼の肉体の細胞たちが反乱を起こしたのだろうという主旨の見解を述べている。彼の肉体無視の生活は、彼の覚醒とも教えとも無関係の彼の生まれもったプログラミングのせいである。

一方ニサルガダッタ・マハラジの咽喉癌はたぶん、バジャンやタバコなど、喉の使いすぎが原因ではないかと私は思っている。彼は晩年に自分を襲ったこの癌を治療する気がまったくなかったが、その態度は私にも理解できる。私の印象では、彼は自分の肉体を通じてやるべきことを全部やり終えたと思っていた感じだし、だから治療して寿命をわずかばかり延ばすより、肉体から早く解放されるほうがはるかによい--彼はそう思っていたことが「意識に先立って」の本からは感じられる。

話は少しそれるが、私がニサルガダッタ・マハラジの本を最初の読み始めた頃、私が一番ショックを受けたことは、彼のスピリチュアルな教えのほうではなく、彼が言った「世界には一定量の苦しみがあり、あらゆる人はその苦しみの配分量を割り当てられている」という主旨の発言だ。

苦しみの配分量(笑)って一体どういうこと?と思ったものだ。それまでに読んだほとんどのスピリチュアルな本にそんなことが書かれていたことはなかったからだ。スピリチュアルな本や先生たちは、いつも「愛、喜び、豊かさ、健康」など、ポジティブなことばかり語るのが定番である。

しかし、そのとき「苦しみの配分量」という話が私のハートを直撃し、私は自分が知るあらゆる人の人生、そして自分自身の人生も振り返って、「確かに、賢者の人生も含めてあらゆる人は一定量の不幸と苦痛を免れないのだ」と納得した。

「自分の病気も治療できない人の覚醒は完全ではない」という考え方はさらに、「人生に不幸や苦痛が起きたら、その人の覚醒は完全ではない」という考え方を生み、そこからさらに「もし自分が覚醒したら、その後の人生は幸福と幸運だけに恵まれるだろう」という愚かしい幻想も生む原因となる。

賢者も含めて、あらゆる人の人生は平等に幸福と不幸、幸運と不運、喜びと苦痛が割り当てられている。そして、老荘思想が教えるように、「人生万事塞翁が馬」、つまり、よいことは悪いことに変わり、悪いことは善いことに変わる--このことを理解すれば、私たちは不必要な不幸感に苦しまずにすむのだ。

ニサルガダッタ・マハラジの癌--それは彼に配分された最後の苦しみだったのかもしれないが、本人はそれを不幸だとも何とも思わず、むしろ「存在の驚くべき表現」みたいな発言をしている。彼が癌の苦痛の中、何年も死ぬ数ヶ月前まで真理を伝え続けた、むしろそのことが私には彼が本当に賢者の中の賢者だったと確信させてくれる。

前にも書いた話を繰り返すが、こんなことを書いている私も病気はイヤだし、まして病気の苦痛はもっとイヤなのだ。そこで私が実践することは、普段から常識程度の健康管理をやるだけである。今だってちゃんと病名のついているいくつかの持病をもっているが、痛くならないかぎり、基本は放っておく主義だ。もし苦痛がひどい重病になったら、そのときは、「苦痛の配分量が来たか!」と、私は泣いて受け止めることだろうと思う。

最終的にはこういった議論は、教えの好みの問題になる。「覚醒すれば絶対に病気にならないとか、病気で死なない」という教え(そちらのほうがはるかに人気がある)が好みの方はそういった教えに行けばいいし、人はそれぞれ自分が好きな教えを実践するだけである。


[イベント]

2018年12月8日(土曜日)「私とは本当に何かを見る会」(東京)

2018年12月15日(土曜日)「私とは本当に何かを見る会」(東京)
詳細・予約は下記へ




[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。

アマゾンサイト
https://www.amazon.co.jp/dp/B075R6PH31


フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html 

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975



 




ダグラス・ハーディング・グラフィック伝記(2)2018年11月20日 08時38分18秒

  「ダグラス・ハーディング・グラフィック伝記」を構想・執筆したリチャード・ラングのことは、Youtubeでの実験の動画やダグラス・ハーディング関連のビデオなどを通じて、知っている方も多いと思う。

彼は非常に若い頃(17歳の頃)ダグラス・ハーディングに出会い、以後ダグラスが死ぬまで、彼と一緒に「頭がない方法」のワークと彼の哲学を研究し、推進し、ダグラス亡きあとはインターネットを通じて、世界中にダグラス・ハーディングと「頭がない方法」について発信してきた。彼はいわゆる「ダグラス・ハーディングのspiritual son(霊的息子)」のような人だ。

実際、リチャードほどダグラスの著作・ワークに通じている人はいない。伝記の中で若き頃の長髪のリチャードが、ダグラスが10年かけて書き上げた宇宙論、「天と地の階層」を初めて読んで感動した場面がある。リチャードは「天と地の階層」のオリジナル完全版(一般に出版されているのは分量を減らした縮小版)を読み通した最初の人なのだ。晩年、ダグラスは 「天と地の階層」の内容について聞かれると、「それはリチャードに尋ねてくれ」と言っていたそうだ。

*リチャード・ラングの「天と地の階層」講演録(日本語字幕付き)
http://youtu.be/f2eF52V6yIs

そんなリチャード・ラングが構想・執筆したので、「ダグラス・ハーディング・グラフィック伝記」は非常に忠実に綿密にダグラスの生涯と思索を追い、同時にダグラスの主要な著作ももれなく紹介している。そして、何よりも素晴らしいことは、イラストレータ-の方もダグラスの哲学をよく理解しているので、二人の情熱のコラボレーションの相乗効果で、ダグラスの哲学というか教えの要点が本質をそこなうことなく非常に立体的にわかりやすく描かれているところだ。 

ダグラスの哲学というか教えは、私の理解によれば、次の三つに集約される。

1この宇宙の構造と人間の関係--「天と地の階層」のテーマ

2「私」の中心での頭のなさ--一般に「頭がない方法」と呼ばれているワーク

3非存在が存在になる驚異--私たちは毎瞬、自分の本質から世界を創造している

1については彼の「存在し、存在しない、それが答えだ」の本の中でも、その一部の内容は紹介されている。本当は「天と地の階層」の本を読んでもらうのが一番なのだが、この本は彼の他の本にもまして難解であり、残念ながら、「天と地の階層」の完全版の翻訳は少なくとも私にはほとんど不可能だと思っている--縮小版のほうは、他の仕事や義務が全部終わったら、肉体が死ぬ前に最後にやるかも、ではあるけど。

2は私が主催している「私とは本当に何かを見る会」でワークを紹介している。

3の話は、はっきりと言えば、説明のしようもなく、ただ「そうである」としか言いようがない。

 以上のテーマをダグラス・ハーディングは様々な観点から長年にわたって執筆し、本にまとめて発表してきた。

しかし、彼が使う文章表現は決してわかりやすいものではない。彼は若い頃作家になりたい野心をもち、趣味で小説を書いていた頃があり、文学を非常に愛していた。そのためか、彼の文章には独特のひねりとユーモアと、時に皮肉があり、彼の文章のセンスがわかるかどうか、ヒットするのかどうかは、人それぞれである。多くの欧米人にとっても彼の本は決して読みやすいものではないのだ。ダグラスの親しい友人たちの中でも、ダグラスのワークは好きだけど、彼の本は読まないという人たちもいる。

そしてもちろん、翻訳の壁もあるので、邦訳本はいっそう読みにくいという問題をもつ。だから、ダグラス・ハーディングの邦訳本を今まで読んだ人たちの中で、彼の文章を読みにくいと感じた 読者の方々も多いのではないかと想像する。

そこで、今回の企画のようなグラフィックでダグラス・ハーディングの哲学を描くという試みは、文章表現の欠点をかなり補い、文章ではなかなか伝わりにくいポイントを立体的に視覚的に一瞬で伝えることができるという利点がある。英語版の書評(下記に翻訳を掲載してあります)に「子供と一緒に読んで実験した」というコメントがあったが、子供でも本書は理解できるのだ。いや、ひょっとしたら、大人よりも子供のほうがよく理解できるのかもしれない。(「ダグラス・ハーディング・グラフィック」についてはあと一回書く予定ですが、3回目は正式なタイトルと発売時期が決まった時点で書きます)

March 16, 2017
  私は30年以上にわたってスピリチュアルな本を読み、ワークショップに出席し、クッションに座って瞑想し、答えを知っていると私が思った他人の話を聞いてきました。正直に言って、本書は探求にとって必要な最後の本です。本書には、カラーのイラスト、シンプルな実験、そしてダグラス・ハーディングという名前の見者の物語があふれています。本書の一番素晴らしいところは、私がそれを11歳の娘と一緒に読み、私たちはベッドで寄り添って一緒に実験したことでした。彼女は私と同じくらいこの本を楽しみました。この芸術作品は子供も大人も惹きつけ、大昔からの質問、「私とは何か?」に非常に明確に答えています。本書を手に入れて、自分自身であるいは自分の子供たちと一緒に実験をやって、その魔法を眺めてください。信じられないほどシンプルです。(原文は下記に掲載されています)
https://www.amazon.com/Man-No-Head-Douglas-Harding/dp/190877424X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1542491208&sr=1-1&keywords=the+man+with+no+head


*翻訳者の古閑さんが本書の原書を読んだ感想をブログに書いています。
 

* 「ダグラス・ハーディング・グラッフィク伝記予告ビデオ」(英語版の紹介)

 

[イベント]

2018年12月8日(土曜日)「私とは本当に何かを見る会」(東京)

2018年12月15日(土曜日)「私とは本当に何かを見る会」(東京)
詳細・予約は下記へ




[お知らせ]


ラメッシ・バルセカール     『誰がかまうもんか?!』電子書籍版が発売されました。

アマゾンサイト
https://www.amazon.co.jp/dp/B075R6PH31


フランク・キンズロー『瞬間ヒーリングの秘密』 電子書籍版が発売されました。https://www.amazon.co.jp/dp/B075MXJYD3


トニー・パーソンズ  『何でもないものがあらゆるものである』電子書籍版が発売されました。
ダグラス・ハーディングの新刊「存在し、存在しない、それが答えだ」(ナチュラルスピリット発行 本体価格 2300円)好評発売中

目次は下記のサイトに掲載してあります。
http://www.simple-dou.com/CCP041.html 

[シンプル堂電子書籍・音声ファイル]

シンプル堂の電子書籍と音声ファイルの販売を委託していますDlmarket が
現在都合でサ-ビスを一時休止しています。下記電子書籍、音声ファイルのご購入を
ご希望の方は下記シンプル堂までご連絡ください。



*「動物園から神の王国へ―サルの惑星、のような星で、平和に生きるために」(PDFファイル)ダウンロード版は、DLmarketのサイトで販売しています。お手持ちの機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に、PDFを読むソフト(AdobeReader等)が入っていれば、どなたでも読むことができます。

本書の詳しい目次は下記のサイトに出ています。

1部 ヒトにおけるセックスと闘争・暴力の問題について
2部 サルの壁 人の壁
3部 人生は、ド・アホでいこう!

DLmarketからファイルをダウンロードするためには、まず会員登録をする必要がありますが、Facebook、Twitter、楽天のアカウント、Yahoo!Japan のID、Amazonのアカウントもご利用でき、各種支払いにも対応しています。(銀行振り込み、コンビニ支払い、Amazonペイメント、クレジットカード、Paypal、その他)。

なお現在は、パソコン等では、横書きの文章のほうが読みやすいという人たちもいると思い、縦書き版と横
書き版の二種類の版を用意してあります。 編集の都合上、総ページ数(縦書き版が453ページ、横書き版が367ページ)は異なっていますが、内容はまったく同じです。

*購入についての詳細は、購入前に下記のDLmarketのサイトを見てください
 http://www.dlmarket.jp/

動物園から神の王国へPDFダウンロード縦書き版」(1500円+税)(453ページ)
   http://www.dlmarket.jp/products/detail/331107

動物園から神の王国へPDFダウンロード横書き版」(1500円+税) (367ページ)
  http://www.dlmarket.jp/products/detail/331108

試読版(無料)は上記のサイトから、会員登録等なしに、どなたでも自由にダウンロードできますので、本との相性を確かめて、購入の判断をしていただければと思います。 (画像の下の、「立ち読みできます」をクリックすると、試読版PDFを無料でダウンロードできます)

*DLmarketで下記も販売中です。(無料試読版は会員登録不要で、自由にダウンロードできます――画像の下の「立ち読みできます」をクリックしてください)  
 
「楽しいお金」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290251


「 楽しいお金3」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290294

 「人をめぐる冒険 」PDFダウンロード版(本体価格1,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/290283

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297870

「1994年バーソロミュー・ワークショップ東京会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297880

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場1日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297958

「1994年バーソロミュー・ワークショップ京都会場2日目」MP3ダウンロード版(本体価格2,000円)
http://www.dlmarket.jp/products/detail/297975