ラメッシの教え――「すべては神の意志」2010年07月18日 10時36分49秒

ラメッシの「すべては神の意志」という観念についてコメントをいただいたので、本日は、ラメッシの教えの根幹をなす「すべては神の意志」について、再び書いてみたい。

「すべては神の意志」――もし私が20代の頃にラメッシのこういう教えに出会っていたとしたら、私はとうていそれを受け入れることはできなかっただろうと思う。

なにしろ、私は自由意志と自己責任のバリバリの信仰者であったし、出世意欲や上昇志向こそ強くはなかったものの、人は自分の信念で自分に降りかかる運命を変えることができると心から信じていた。というより、そう思い込まないと、くじけそうになる現実の状況がいろいろとあったわけなのである。

とにかく私は、自分の幸福を他人の手にゆだねるという他力本願的な考えを非常に嫌っていた。だから、その当時の私がもしラメッシの本を読んだとしたなら、彼の教えを「自分の幸福を神の手にゆだねるという他力本願的」教えに感じたはずである。

もし個人の自由意志と自己責任を信じていて、それで人生がうまくいっている、それで幸福だと思える方は、まったくそれで問題はないし、たいていの自己啓発のリーダー、ビジネス・リーダー、ニューエイジ哲学のリーダーの方々は、ほとんどみな個人の自由意志と自己責任を提唱している。

精神的(霊的)進化についての私の観念でいえば(以下の動物段階・人間段階・神段階という観念は、ラメッシの教えとはまったく関係なく、私が作った観念である)、物事が起る責任をどこへもっていくかは、3段階あると思っている。

1動物段階
*自分に起ること(特に悪いこと)や自分が幸福を感じられないのは、他人(親、子供、夫や妻、恋人、友人、世の中一般)のせいである。しかし、自分によいことが起るのは、自分のおかげである。
*私(私の考え・行動)はいつも正しく、他人(親、子供、夫や妻、恋人、友人、世の中一般)はいつも間違っている。

2人間段階
*自分によいこと・悪いことが起こるのも、自分が幸福・不幸を感じるのも、自分(自分の考え方、行動、能力等々)の責任である。
*世の中には色々な考えがあり、人は自分の考えによって、自分の人生を作っていくので、どんな人生であれ、その人の責任である。

3神段階
*起るあらゆることは、よいことも悪いことも、大きいことも・小さいことも、一なるもの(神)の意志である。
*その一なるもの(神)とは、私の本質である。

私の印象では、2の人間段階の真っ最中の人は、おそらく20代の頃の私のように、3の神段階の教えには非常に抵抗を感じるようである。その場合は、その人は人間段階の修行、つまり、「自分に起こるすべては、自分の責任である」という修行を飽きるまで(!?)継続するほうがいいかもしれない。そうすれば、いつか、「すべては神の意志」を非常にすんなり受け入れられる日がくるかもしれない。

そもそも、ラメッシの教えそのものが、自己責任感をプログラムされていない人、つまり、自分の言動にもともと無頓着な人にはあまり向かないだろうと私は感じている。どちらかといえば、責任感が強くて、その重圧によるストレスや苦痛に悩む人、起きたこと・起きなかったことに罪悪感をもちやすい人向けの教えなのだ。

ラメッシ自身、彼は人間的には非常に自己責任感の強い人で、与えられた職務を忠実にまっとうする人であるという印象を私はもっている。銀行の頭取という要職にあった彼は、自分の決断一つで会社の業績がよくなったり悪くなったりするという、ストレスと重圧にさらされた人生であったと想像される。

ラメッシが、自分の教えの根幹に、「神の意志による罪悪感からの解放」を中心に置いているのは、私の勝手な想像であるけれど、そんな彼の個人的人生が影響しているのではないかと思われるのだ。

「すべては神の意志」――私は個人的には、神が悪役や善人やその他様々なキャラクターを自由に配して、現象映画を作って遊んでいるというラメッシの「神=映画監督」というたとえを非常に好んでいる――西洋伝統キリスト教的な「神は善だけに関わり、悪は悪魔が関わっている」という観念のほうが、私にはよほど怖い。




コメント

_ ao ― 2010年07月20日 14時55分44秒

更なるコラムをありがとうございます!
私はある時期から自由意思についてずっと考えており、そんなもの本当はないんじゃないかと薄々思ってはいたのですが、ラメッシが「ない」と書いているのを読んで、開放感と共に殴られたような衝撃も味わいました。
別れの予感は感じていたけど、本当に振られるなんて、というような感じでしょうか。。。
アマゾンの感想でも読んだのですが、ファンタジー好きには手厳しい内容だと思います。
自分の言動に無頓着なタイプなので、罪悪感についてもやはりよくわかっていませんでした。

手厳しいながら、ひとつひとつの命に特に意味はないというのは納得でした…。自然を眺めていてもあきらかにそうですね。「神」と言うと私はどうしても擬人化してしまうので、冷酷な印象を持ったんだと思います。。「宇宙」と考えれば冷酷もなにもありませんでした。
神=善のみのほうが怖いというのも確かにそうですね。

あとは考えてもどうせエゴがやっていることなので、私はないということを実感できるまで、目の前の人間修行をやっていこうと思います!

_ 星風主 ― 2010年07月26日 00時25分44秒

こんにちは。とても興味深く読ませていただきました。
私にとってラメッシ節は痛快で気持ちいいです。

私はラメッシやマハラジの言葉を理解する上で個人的エゴの存在が欠かせないと思っています。これがカルマとか啓発とかにもかかわってきて、私たちの存在を惑わしている原点のような。

私も瞑想会でラマナやラメッシの言葉をよく使いますが、個人的エゴを理解すると、瞑想で何が起こっているのかを理解することがとても早くなります。

ラマナやマハラジ、ラメッシの本を翻訳してくれた方がいるおかげで、瞑想を通して、とても大きな理解が得られました。本当に感謝です!

特にマハラジの「本を読むだけでも覚醒できる」という下りは勇気付けられました。

ありがとうございます^^

_ 空 ― 2010年08月26日 12時19分45秒

今日は。
以前からバーソロミュー他ラメッシさんの本も2冊、とても興味深く楽しく読ませていただいています。

人間に自由意思はない、すべて神様の意思、というのは前から私も薄々感じていたのですが、ラメッシさんの本を読んだところで細かいところを日常感覚で落とし込みをしたいのでお時間の許す時にでも高木さんにコメントをしていただけたら嬉しいです。 
(本当は直接お会いしてのコンサルティングを申込しこもうと思ったのですが、フォーマットのアクセスの入り方が良く分からないのです。良かったら普通のアドレスを教えてください。)

・精神世界のひとつのとらえ方で、人生に起こることは絶対外せない通過点というか節目のできごとはあらかじめ決めて来ていて、通過点までのプロセスはその時々で自由意思がある、というものがありますが、ラメッシさんの言われていることは一瞬一瞬絶え間なく24時間、360日神様、宇宙の意思が電流のようにそれぞれのボディに流れこんでいるということですよね? 私たちが日常感じている気持ち(嬉しい、悲しい、鬱々、いらいら、ドキドキ、ずきずき、ワクワク、ドヨーンなど) こうした流れ込んでくる電流や、遭遇する出来事に対してもあれこれ(良い、悪い、何故だろう)とややこしくこねくり回し、創り出し、増幅し、自分の都合の良いように解釈したりするエゴの存在も便宜上神様が人間に与えたのですよね? そして常に自分に流れ込んでくる電流と幻想のエゴと一見外界 ( このすべてが神様のひとつの意識?) から訪れる状況のミックスで自動的に生かされている・・・ということでしょうか?

今この瞬間私がパソコンを打っている、おなかがすいたと感じる、でも洗濯物を先に乾そうと思う、でも
切りの良いところまで書こうと思う、溜息がでた、足を坐り直した、突然息子の就職活動の先に不安が広がる、胸が痛くなる、次の瞬間 まあ何とかなるさと思う・・・これすべて神様の意思、神様からの電流ということですよね? 人生の通過点も何もプロセスも何もかも始めから終りまですべてすべて・・・  つまり、庭先の草木と同じ?双葉が出えてくる、土が乾燥しているところに植わっていて枯れる、虫に食われる、雑草として抜かれる、抜かれずに冬まで生きている、大輪の花が咲く、蕾のまま終わる・・・隣り合わせで生えている草1と草2と草3には特別存在の使命も意味もなく人間だけが運、不運、優越感、劣等感と個体的エゴでとられえるけれど実相は草木と同じということですよね。
  
・草木はエゴがなく? (植物や石も話をすると言う人がいいるからエゴもあるのかしら?) そのボディに電流が流れているだけだけれど人間はエゴで様々創りだしますよね。
宗教、道徳、カルマ論や因果説、シンクロシニティの見方、ハイアーセルフとかガイドとか宇宙人とか大天使とか・・・これもすべての観念も神様のリーラ、遊戯ってことですよね。神様が電流にして誰か人間に情報として流したものということでしょうか?

要は 「私」だと神様に思わされているひとつのボディにただただ電流が流れていて(っていうかすべてが電磁場の中にある?) エゴにぶつかるとノイズが起こる・・・出来事は向こうからやってきて通過していく。 どの個体も同じで。人間関係で起こることも すべて電流の仕業で・・・人生の道筋も起こる出来事も全て電流・・・ということですよね。 

私は 大雑把にこんな風にラメッシさんの言われていることを受け止めました。究極空、クウの話なのかしら。


私はちょうど半世紀まで生きてきて家庭と仕事を持ち地方に暮らしていますがこの話題を身近で語り合う友人はほとんどいません。ラメッシさんに共鳴する他の皆さんといつかお話してみたいです(引き寄せとかハイアーセルフとかははやっていますが・・・)☆

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック